■…2007年 3月 1日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

この時期は卒業式と入学式の為に、基礎トレは休みになります。
だから今日が休み前の最後の練習。

50mを測定したが、5年生女子で7秒台が出た。
まだまだ走り方には余裕があるから、これからどんどん伸びるだろう。

2年生でも、8秒台までもう少しというところまで来た。
一年生から基礎トレをはじめた最初の生徒なので、
こちらも期待しながらみている。
それにしても基礎トレの後に走って家まで帰ったみたいなので、
素晴らしい頑張りです。
その日々の地道なしっかりした積み重ねが、
いつか大きな幸運をもたらしてくれることでしょう。

いつか何かあるというより、その努力自体が素晴らしいことなので、
その努力を今後も続けてもらいたい。頑張れ。

今日で極真空手淡路道場が行なう由良基礎トレは最後になるだろう。

次の時にはNPOスポコミ淡路島がやることになるだろう、
順調に認可がされれば。

健康体操

インフルエンザで休みの方が多かった。
今年は温度変化の差が激しいので、体調管理は大変だと思います。

先週、今週とめいいっぱいやる。
膝あげパチン30秒2回を入れても、もうびくともしない。
その後、腹筋、背筋を50回連続。

これでもびくともしなかったので、骨盤上げ腹筋と、
足裏合掌を合間に入れる。

これで少し元気がなくなったが、
ここまでしなければもう効果が無いくらい体力がついた。

それにしても最初はスクワットでも、
少し膝を曲げる程度のスクワットで30回できなかった。
今は、フルで150回出来るようになった。

どこまでその体力はあがっていくのだろう。
でも、やり過ぎの落とし穴だけは、細心の注意で見つけたい。

なんと言っても70歳以上の方がほとんどなのだから。

No(450)


■…2007年 3月 2日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

みんな強くなってきて、組手が嫌な子もでてくるだろう。
これに関してはあんまり、急かさないでいきたい。
自分でこれではいけないと思わなければ、
これに関しては追い込むだけになってしまうだろう。

さりげなくそれではいけないといっていかなければ、
今までのケースから良いほうに出ないというのはわかっている。

これを何とかしたいんだけど、これに関してはこれ以上は、今はわからない。

大器晩成だから、君はゆっくり行きなさい
大山総裁がよく使われていた言葉だが、
あらためてこの言葉の真意が最近見えてきた。

まあ、慌てないでゆっくり行こう、君は大器晩成だから

今までは逃げ口上的にこれをとらえていたが、
最近はこの言葉がベストの子達を見ていて、
考えを改めたい。

大器晩成、そのような子達が淡路道場にもたくさんいる。

一般部

少年部に超、超、超、高度なレベルの事をやらせたが、
その凄さには気付かなかった。
これを考え出すまでに自分がどれほど苦労したか、
そんな事はどうでもいいが、
いつかこれがスゴイという事に気付くだろうか。

これの凄さが理解できたら、それ相応の対応をしたい。
まだ先の先の先の話だろうが。

No(451)


■…2007年 3月 3日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

地道だけど確実に幼年部の子達も成長してきている。
上の子たちが出来すぎるから、どうしてもまだまだと考えがちだが、
しっかりと成長している。

今日は体験に幼年部の子のお姉さんが参加してくれました。
いつもはお姉さんに世話されている方なのですが、
今日は初めてで出来ない事に落ち込んでいたお姉さんの
背中を優しくさすってあげていました。
なんて言っていたか聞こえませんでしたが、
何か声もかけてあげていました。

素晴らしい思いやりの心です。
幼年部でもこれだけ素晴らしい心遣いができるんだと
本当にその姿に感動しました。

これからもその優しさを持ち続けてください。

一般部

中段もひと段落。
中には出来る子もでたが、まだまだこれからたくさん反復しなければ
そんなに簡単にできるものでないので、
これからは今日の事を思い出して反復、反復。

ド、でなく、パ、そしてその先の
シュッまで頑張れ。

No(452)


■…2007年 3月 5日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

組手では気合がよく入るようになったが、
基本、移動で気合が足りなかった。
気合の足りない稽古では充実感を得る事ができない。
今日は少し気分爽快だったのではないか。

これは、やれー、というより自分が引っ張っていた方が理解しやすいから
今日の形で引っ張っていきたい。
前で見本になれる生徒が育ってくれたから
これからは自分が自由に動きやすい。

理想の道場に向かって、先生役というより
最先輩という感じでやっていきたい。

道場で気合を入れるのがどれくらい楽しいのか
そこまで引っ張っていきたい。

気分は総本部道場で最前列の右側にいた頃の気持ちでいきたい。
そしてそのような感じが、自分の本来の姿だから。

No(453)


■…2007年 3月 6日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

今回、国際大会がないので、今の時期は少しぽっかりという感じです。

今年選手会の最大目標は、ウエイト制と極真祭。
一般は別として、少年部で余裕が持てるのは今だけ。

なので今は、少し余裕を持ってもらって、技の見直し、新しい技術の導入など
余裕のあるときにしかできないような事をやっている。
今日は少し息上げ稽古をやったが、これもメイチまではやらない。

大阪、5月の県大会を余裕残しの状態で挑戦させ
5月の県大会後から本格的稽古をはじめたい。
そして全関西を7,8割の状態で、挑戦。

3、5、7,9月の順位戦、夏の四国の県大会。
今年は試合の中で組手を組んでいく。
そして万全の形で極真祭を迎えたい。




No(454)


■…2007年 3月 7日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部(3月度順位戦)

今日は3月度順位戦。

人数が増えてきたので、だいぶ時間オーバー。
今後は少しやり方を考えなければいけないみたいだ。

個人個人のいい色がでてきた。
或いはもう少しでいい色が出てきそうな雰囲気がしてきた。
この春の大会できっかけをつかめれば、
大爆発しそうなところまで来ている。

あとはどこかできっかけがあればと思うが、
これがいつになるかは、理の外。

きっかけ、ここは祈るしかないだろう。

一般部

順位戦の時はどうしても遅くなり申し訳ありません。
何とか考えますので、もう少しお許しを。

ステップもだいぶ馴染んできて、悪いところがよく目立ってきた。
移動の際、腰が浮いてしまっているので、
技を出すのに、一度腰を落とすという、いらない動作が一つ入る。

今後ここを意識させれば、さらにステップはよくなることだろう。



No(455)


■…2007年 3月 8日 (木).......由良健康体操
由良基礎トレ

学校行事で休みです。
次回は4月19日からです。

由良健康体操

今日は20時の部は体調不良の人が多くて休みでした。

ここ2,3日は本当に寒いので、体調管理が難しい。
そして体操中も体が温まっていない時に無理すると怪我しやすいので
ほんとうに寒い時は細心に細心を重ねてもやりすぎということは無い。

4月6日に一周年記念と、NPO開設記念イベントを行なうが、
最初は参加者は少ないです。
もうそろそろそちらの段取りをしていっています。
最初から大盛況というわけではないですが、
しっかりと、参加して良かった、と言ってもらえるものにしたい。

No(456)


■…2007年 3月 9日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

一つのことをやりだしたら、他がまったく目に入らない。
そして技を出したら、そこで意識が飛んでしまっている。
いや、技を出すのも適当に出しているという感じである。

最近は相手を見ながら技を出すという事を意識させているが、
中々高度な事だから、苦労するだろう。
まあ、のんびりだけど一生懸命にできるように頑張ってもらいたい。

出稽古に1人女の子が来てくれました。
前見たときより、明かに進歩していました。
うちの強い子が、押されていたので、
お姉さん同様、伸びが驚くほど速い。
そして更に驚いたのは、技を意識的にねらっていた事。
この見るたびに伸びるというのは本当に凄い事だ。

一般部

出稽古にこちらも一人参加してくれました。
前半30分はこちらの少年部に付き合ってもらいました。
うちの子達も、いい勉強になったと思います。

そしてその後、少しの間しっかり見学していたので
この姿勢は今までになかったものなので
今日の貪欲さを忘れないように。
今後、もっともっと貪欲に。

その後一般と稽古やってもらいましたが、
また成長したと妹さん共々本当にその成長力にはびっくりです。
きょう指摘したことも次にはできてるのではないだろうか。
この貪欲さがあれば今後もどんどん伸びていくことだろう。

岡君が神戸以来の稽古。
神戸の稽古で負傷。
これは今の弱さがしっかり出た結果なので、
これは神戸にいけばいくほど、怪我しなくなるだろう。
とにかく今は組手をくんでいくのが最重要なので、
まだ少しの間、怪我をするだろうが、それを嫌だと思わないで欲しい。


No(457)


■…2007年 3月10日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

今はミットを3人組でやっているが、
はやく2人組でやれるように成長して欲しい。

今日見た感じでは2人組でミットをやれるようになるまで
かなり時間がかかりそうだ。

そして受け返しも、
初心者から中級にならなければいけないメンバーでやったが
まだまだこれも時間がかかりそうだ。

三原はのんびりやさんが多いので、あまりプレッシャーをかけれないが
どうにか成長を促進させたいのだが、それは高望みだろうか。

一般部

というより少年部。

なんだ太極か、
少しこれで、かちっ、ときた。
型に差はない。どの型も型であることに変わりはない。

この考えでいくと、基本はなんだ基本か、になる。
ここは少し徹底的にこのような考えが間違いだという事を今後やりたい。

型に大差なし。どの型も型である。

君たちねー、太極でスゴイと思わせれる事ができたら
免許皆伝だよ。
でもねー、太極が決まった空手家を見たことは
これまでの長い空手人生で一度もないよ
だから太極が決まる空手家になりなさい

大山総裁の言葉だ。

どうこれをわからせていくか、少し熟慮したい。

No(458)


■…2007年 3月12日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

型は好きみたいだが、基本が適当。
基本が決まらないのに型が決まるなんてのはない。

型が好きならもっと基本をしっかりやるように持っていきたいが、
自分なども基本の大事さがわかるようになったのが、
7年目をこえたあたりからだったから、
これに関しては、大事と指導しながら、
自分達で気付いてもらうしかないだろう。

やれやれと言われれば言われるほど嫌になるもので、
本当に自分から大事と思ってからでいい。

最近色々、道場を進化させていっているが、
うちの生徒達も、中々やるものだ。
見ていて非常に頼もしい。

今後もどんどん良くなれ。

No(459)


■…2007年 3月13日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

怪我、病気が多くて、予定変更して軽めの稽古に。

色々とアウトローな技をやったが、どうだっただろうか。
基本的な事がしっかり出来るから、アウトローがいきる。
だから今は参考程度にしておいたらいいと思う。
まずは基本がしっかりする事。

No(460)


■…2007年 3月14日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

最近入会の子達は、最初からしっかり稽古できる。
これは本当に凄い事だと思う。

空手の独特の空間の中で、一時間頑張るのは大変。
そしてたくさんの人の中で居場所ができるまで、
そうとうストレスがかかるとおもう。

でも自分のやり方でしっかりと居場所を作って欲しい。
自分のやり方、というのが大事で、人から教わったやり方でなく
自分でやりやすいやり方で、人と接して欲しい。
最初はわからないだろうが、その内にわかってくるから
最初友達がいなくても、みんな最初はそうなので
ダメだと思わないで、自分のペースで人の中にとけこんで下さい。

抜いて抜かれて、そこでその子の気質がみれる。
最近道場の中でいいライバル関係ができてきているので、
ライバルと共にどんどん自分を磨いて欲しい。

一般部

原口君がようやく復活。
南あわじは祭りが盛んなので、この時期はみんな忙しそうです。

ようやく少年部から一般部といえる陣容になってきた。

最近やっていることは、切れ。

とにかくミットの音が悪い。
最低限できるようになるまで、この切れを意識させるのは止めない。

No(461)


■…2007年 3月15日 (木).......由良健康体操
由良健康体操

極真空手でやる健康体操もあと少し。

今日、4月6日に行なう、登山と花見と温泉入浴及び親睦会
のチラシを配りました。
参加者は少なそうですが、楽しいものにしたいと思います。

イベントだけでなく、すべての何かをやるときは、最初は0からだと思う。
最初からうまくいくことなんて中々にない。
だからたった一人でも愉しんでやる、という姿勢があれば
人数の多い少ないで、そのイベントがどうのこうのということはない。

けが人が多いので心配。
寒い時は仕方ない。

基礎トレは休み。

No(462)


■…2007年 3月16日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

この時期にあわないこの寒さで、体調をくずしている生徒が多い。
この温度差と乾燥した状態で、
体調をくずすなというほうが難しいだろう。

人数が少ないときは2人組でミットをやるが
とにかく蹴りを出す感覚が悪い。
やり込めばその内に分かってくるだろうが、
今はいい蹴りのイメージがない。

まあ少し長い目でひつこくやっていきたい。

一般部

神戸効果か、随所に向上の跡が見える。
諦めるところで諦めない、今まで行けなかった所をいこうとする、
意識が変われば本当に変わるものだ。

これからはいい経験、特に組手をどんどんやっていく中で
修正を加えていきたい。
まだまだ本人達が気付いてない穴はいっぱいある。
今度神戸にいくのは31日、前回は少ししか勉強できなかったが、
次回は前回とは比べようがないくらいたくさんの物を得てくる事だろう。

穴をどんどんいぶりだして、加速度的に向上させていきたい。
それでも足りないくらいだ。
とことんまで貪欲に。

No(463)


■…2007年 3月17日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

他県から2人が出稽古に来てくれました。
三原に出稽古に来てくれたのは、初めての事だと思います。

お姉さんに、学年が違うとはいえ、コテンパンにやられたので
いい勉強ができたと思います。

自分よりカラダがでかい相手と戦った時に
いかに受けができなくては勝負にならないかがわかったのでは。
上段は本当にいいように蹴られていた。

本当にいい勉強をさせてもらいました。
2人には感謝いたします。
順位戦に参加してくれるので、
非常に楽しみにしています。

一般部

出稽古の2人は引き続きこちらにも参加してくれました。
できるだけ、2人と手合わせできるように稽古を組みました。

オフェンス力はたいしたもので、
今後ディフェンス力が向上すれば楽しみだと思います。

自分が思っているより今の時点で上に行くことでしょう。

いい空手キッズがまた増えてうれしく思います。

No(464)


■…2007年 3月18日 (日).......07フレンドリーカップ
07年フレンドリーカップ

川西総合体育館 2F 第1武道場 集合11時半 開会12時 終了16時

総参加者不明 だいたい7〜90人くらい
淡路道場参加者8名

優勝   鴻原聖弥  鴻原隆希
準優勝  鳥住勇斗
ベスト4 萩原和樹  萩原亮

内容は非常に良かったと思います。
最後は仲間の応援を自然とやっていたので、
もう何も言う事はないかも。

詳しくはブログで。



No(466)


■…2007年 3月19日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

少し移動稽古で気合が入りだした。
昨日の試合、みんな声が小さかった。

道場でもあらためて、メンバーをみれば、声が出てない。

月曜は色々な事をたくさんやる日と、数をたくさんやる日に分けているが、
この数をやる日は、とにかく声を必死で出す、技を必死で出す。

そして緊張感を持たせる。
そんな事は稽古では当たり前じゃないか、何を今更だけど、
そのような基本的な事がまだまだできてない。

その基本的な当たり前のことが当たり前にできるように、まずはなること。

No(465)


■…2007年 3月20日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

今日は出稽古に2人。

明日はしんどい稽古中心なので、今日はしんどくない稽古を。

それにしても忘れすぎ。
同じことを何度言わなくてはいけないんだろうか。

強くなりたい、どんな稽古をすれば強くなれますか。

その前に教えてもらった事を次にはできるようになっていることだろう。
それをしないで強くなりたい、どんな事をすればいいんですか?

違うだろうと思う。

やれないのがいけないのではなく
やろうとしない事がいけない事。

やろうとする為には、教えてもらった事を忘れない事。
探そうとしている人を怒る事は絶対にしない。

怒るのは探そうとしていないこと、
見つけようと努力しない事。

できないのは仕方ないが、
できるように努力する事は誰でもできる。
それをしないのは強くなりたくないから。

少年部とか初心者クラスと選手会は違う。

そこのところを今一度しっかりと考えてもらいたい。
このままでは、いつまでも堂々巡りが続くだけだから。


No(467)


■…2007年 3月21日 (水).......07年3月度交流選手会、交流順位戦
交流選手会

洲本市文化体育館武道場10時開始 11時半終了

今日は交流選手会を行ないました。参加者は20名。
シャドー、対面、ミット、限定組手

島外組は大会で活躍している子達でした。
その活躍に見合うだけの技術がどうなのか、今日は見たかった。
みんなのその荒削りさに、正直驚いた、という感じでした。
これだけ荒削りで、今の成績をあげているのは、
正直すごい、と思いました。

これから色々技術が身についてきたら、今の成績どころではないだろう。
でも、この荒削りさの中に、どう技術的な事をプラスしていくかは
かなり難しいことだろうと思う。

徹底的な長所を通していく、というのは非常にいいことだと思う。
少々細かい事は、その良い面でつぶしていくというのも、ありか。

とにかくそのオフェンス力に、少しでもディフェンス面を磨いてくれれば
今後はまだまだこんなもんじゃないでしょう。
将来性は非常に豊かだと思い、うれしく思いながら稽古を見ていました。

慣れてない稽古で、息上げまで動けなくて、
もう少し簡単な事をやったほうが良かったみたいだ。ここは反省。

3月度順位戦

13時開始、アップ責任者 平野君
参加者42名 組手数、1人最大5

今回の順位戦は四国から初参加してもらい、
いい交流戦になったと思います。

最初は同じ道場の人しか応援してなかったのが、
まん中から最後の方では、違う道場の子を応援していたので、
いい交流ができたように思いました。

仲良くしろなんてわざわざ言わなくても、
子供達は自分達でどんどん仲良くなるみたいで
違う道場の子達と楽しく話しているのを見て
この調子でどんどん空手仲間を増やせる機会になればと

その交流のこれから育つであろう友達の輪をみて、
やってよかったなー、と今日は思いました。

今後も2ヶ月に一度、このような場をつくっていくので
この場を通じて、道場、地域を越えた友達を作ってくれればと願います。

遠路遥々、淡路まで稽古にきてくれた空手キッズのみんな
そして忙しい中、遠路引率して来ていただいた保護者の皆様、
ありがとうございました。いい交流順位戦ができました。
これも淡路道場の生徒だけでは無理だったとおもいますので
いい勉強させてもらいまして、本当にありがとうございました。

そして、淡路道場のみんな、お疲れさまでした。
中には体調不良を見せずに頑張った子もいたし、
このようなたくさんの人の前で組手をしたのは初めて、といった子
みんな普段の稽古では中々経験できない事をやりとおして
順位戦の中で成長していたように思います。

今後もどんどん経験して、大きく育っていって欲しいと思います。
淡路道場の保護者の皆様、忙しい中引率お疲れさまでした。
会場の片付けありがとうございました。

スタッフの皆さん、無事順位戦ができましたことを
お礼申し上げます。

皆様本日は本当にありがとうございました。

No(468)


■…2007年 3月22日 (木).......由良健康体操
由良健康体操

極真から健康体操が巣立つのも後少し。

こういう言い方はなんだが、どうも人まねばかりするやつがいる。
スパイでもいるのかと思うくらいに、うちの真似をしてくる。

あの真似をするのをしゃあしゃあとやれる感覚はなんだろう。
同じ島内なのだが、
よくもあれだけ人の真似をするのを堂々とやれるものだ。

話はそれたが、一時途絶えていた新規参加者が
また増えだした。

夏が近づいて、皆さんが薄着になれば
そのスッキリとした、ボディーラインをみて
また生徒数は増加すると思う。

それくらいスッキリとした体形に変化したと思う。
今はあまり言われないみたいだが、
薄着になれば、いやでもそれに気付く事だろう。

基礎トレはまだまだ休み。

No(469)


■…2007年 3月23日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

今日は病気の人が多くて、人数が少なかった。

色々な穴が順位戦、或いは出稽古組のおかげで、生徒にも見えてきただろう。
うちの組手の距離は一つだけ、ステップは使えるようになったとしても
それに変わりはない。

だからこちらが使わないから、相手が使ってくるイメージを持てない。
だからそこは気を抜いたらやられるという危険地帯がわからない。

でもここまで上段をもらったのだからわかっているだろう、
と思って今日の稽古を見たが、
土地柄か、やはりのんびりしている。

どこまでやられなければ気付かないんだろうかと、
そのあまりの、のんびりさとお人好しさに、
苦笑するしかなかったが、
このままでは、いつか大怪我しそうなので
少し、大袈裟にでも意識させていかなければいけないだろう。

まずは、基本的な距離では負けてない、ようにはなってきている。
そこの距離を相手が嫌がって、
その距離以外の組手に持っていかれるような場面で最近は対応できてない。

というより、
それを、どうこうする技を今は持ってはいないから、
これから、それを意識させていき、
その、距離から相手が離れようとした時、
相手がその距離に入ってくれない時、
どのように戦っていくのかを、今後は意識させていきたい。

まあ、このような少し高度な部類をやれるようになっただけでも
生徒を褒めたい。

一般部

時間が合わずに道場を締めてしまい、申し訳なかったです。

No(470)


■…2007年 3月24日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日は昨日に続き人数が少なかったです。

三原のこの時期は祭りでみんないそがしいみたいです。

学校行事、学校が変わる、それだけでも精神的に大変でしょうが、
その上に時期はずれなインフルエンザが猛威をふるっている。

少しの時は細かい事をしっかりやりたいのだが、
中々参加者の年齢が低いので、細かいところをやるのはむつかしい。

順位戦に参加した幼年部の子達は、
少しは成長したみたいだ。
もう、ぐずったりしなくなったので、安心かな。

一般部

技術的な事を中心にやったが、
どうもこのような稽古の仕方が苦手なタイプがいる。
このようなタイプに、このような細かい事を教えるのに、どうずればいいか
いい方法がまだまだ見つからない。

感覚でこのような細かい事を教える事ができるんだろうか。

そしてそれを楽しく教えなければいけないみたいだから、本当に難しい。
これに関して、四苦八苦して色々探しているのだが、
まだまだその糸口さへ見えてこない。

いつか見つかるのだろうか、それが。

今はその性格にまかせて、じっくりと成長してもらうのが最適だと見ている。
が、その成長の速度をなんとか短くできないものだろうか、
と、色々と考えているのだけど、
数年間、本当にゆっくりと成長を待つという以上の答えが見つからない。

はやくこれの答えを見つけたい。

No(471)


■…2007年 3月26日 (月).......洲本合同稽古
洲本合同稽古

まだまだインフルエンザか、風邪が流行っているみたいだ。
今年の冬の自然の揺さぶりは激しかった。
寒い日は少なかったが、寒暖の差が今年くらい激しかったのは
淡路に帰って来てから、記憶がない。
それ位今年の、冬の揺さぶりは激しかった。

カラダが資本なので、しっかりと治して下さい。

基本的な事を重点でやったが、
まだまだ基本がしっかりするまで時間がかかりそうだ。


No(472)


■…2007年 3月27日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

これだけ風邪かインフルエンザが多い年は初めてだ。

メンバーが少なかったので、軽いメニューで。
最近出てきた穴である、入り方が荒いというのを少しやる。

入り方が雑、追撃弾がうてない、機械的な攻防、
あまり試合前で穴ばかりあげれないが、
とにかくやらなければいけない課題が山積みである。

大阪が終わってから、その穴を埋めるべく
遠距離、近距離というのをやりだすのだが、
今日はそのさわりだけ。

遠距離、接近戦をやれば、大きなものは一段落になる。
その先はここまでがやれたらの話だが、
あと数年間はそこまでいかないだろう。

No(473)


■…2007年 3月28日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日はいい稽古ができました。
いい気合も入っていたし、やる気もありありでした。
今日は本当にいい稽古でした。
みんな、いつも今日くらい一生懸命に稽古をやってください。

一般部

息上げ中心。
もう大会に向けて特別にするような事はない。
あとは息が持つかどうかだけ
そして大会では息が上がりきるまで動くだけ。
そこまで動ければ結果は自然とついてくる事でしょう。

No(474)


■…2007年 3月29日 (木).......由良健康体操
由良健康体操

今日は葬儀の為に、健康体操は休みでした。
今日の変わりに日曜に体操を行ないます。

今日は登記必要書類を全部提出してきました。
順調なら来週火曜日に登記完了、法人設立となります。

No(475)


■…2007年 3月30日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部(3月度順位戦)

今日は3月の順位戦でした。

ここ一連の大会、順位戦でもまれたからか、
ぐんぐん成長している子が何人かいた。
やはり経験はどんどんするべきだな。

そしてそのような子達は、面白いもので教えていない事を平然とやる。
今日の順位戦でも、教えてない事を実戦で学んだんだろう
素晴らしい技を組手で使っていた。

普段、戦い方は教えていない。戦える道具は教えているが
それをどう使うかは、生徒達の楽しみの領分。
自分が強制でこのように戦えとか、実戦で使えるコンビネーション
などは一切教えていないのだが、
それ以上にそのような事さへ教えてないのに、どんどん出来る子がいる。

そのような実戦で何かをどんどん掴んでいくタイプには
できるだけ教えないようにしている。
そのような実戦タイプは実戦の中で最良の成長を遂げて行くわけだから
下手に何かに縛らない方が成長する。
だからそのような生徒達には、こちらが楽しませてもらっている。

へー、こんな事をつかんだんだ、
おー、スゴイ高度な事をやろうとしているな、
とか、とにかく実戦がその子達には最高の教師。
自分などが言う事は、今の時点では何もない。

でもいつかそれでダメだと思ったのなら
たぶん、先生これ以上強くなりたいから教えてください
と自分からいってくるだろうから
その時は色々とアドバイスしたい。

とにかく実戦が楽しみでしかたないんだから
その楽しい実践の中でどんどん自分の力で色々見つけてください。

因みにこんな事を書くと、ほったらかしかい、とお叱りを受けそうですが
道具だけはしっかりと教えていますので、ご了承お願いします。

今日はいいものがたくさん見れました。

一般部

とにかく動けるのに動いていない。
動けと言ってもまだまだ動いていないので
まだまだ自分がどれだけ動けるのかがわかっていない。

これからはとことん自分がどれだけ動けるのかわかるまで
上げにあげていきたい。

まだまだ動ける上限まで動いていない。
まだまだ組手のスピードは上がる。

No(476)


■…2007年 3月31日 (土).......三原少年部 一般部 神戸選手会
三原少年部

風邪も治ってきたのか、参加者も多くなってきました。
これくらい参加者がいると、色々できるようになる。

少数の時はとにかく組手組手、試合試合だった。
でももうその時期はこえた。

これからはその個人個人のペースで行ってもらえる。
いい歯車が回りだすと、何もしないでも自重でこれからは回ることだろう。

その最初のいい方向への回転はスタートした。
もうこのいい方向への歯車の回転は、少々の事では止まらないだろう。

そして回転は加速していく。
もう何も無理をする必要はない。

一般部

こちらはこれから大変だろう。
とにかく考える、という作業がほんとに苦手だ。
細かくいっぱいやりたいことがあるのだが、
どうもまずはこの作業ができるようになる為の何か手を打たねば。

簡単な事を今はやっているのに、おぼえるまでに時間がかかりすぎ。
今以上の高度な事を今後やらなければいけないので、
それを考えると、どれだけ時間がかかるのだろうか。

神戸選手会

参加者、原口、岡両名。

松岡先生の神戸選手会に参加させてもらいました。
前回は3しか持ちませんでしたが、今回は6近くまで動けました。
次回は8くらい動けて、
ウエイト制前には、なんとか10まで動けるように持っていきたいです。

それにしてもありがたい事です。
色々こちらばかりが勉強させていただけるのですから、
本当に松岡先生ありがとうございます。

今後もよろしくお願いします。


No(477)