■…2008年11月 1日 (土).......第40回全日本空手道選手権大会(初日)
第40回全日本空手道選手権大会(初日)
東京都体育館 

No(894)


■…2008年11月 2日 (日).......第40回全日本空手道選手権大会(2日目)
第40回全日本空手道選手権大会(2日目)
東京都体育館

No(895)


■…2008年11月 3日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

指導 原口君

No(896)


■…2008年11月 4日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

指導 岡君

No(897)


■…2008年11月 5日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部(11月順位戦)

徳島県大会まであと少し。
今日はその徳島県大会に出る初心者の子達中心。
今日の感じでは大会に向け順調そのもの。

徳島県大会は、この子達にとって非常に素晴らしい経験をくれる事だろう。
それでどう成長してくれるか、楽しみなものだ。
道場も上の子達だけでなく、満遍なく育ってくれているので
見ていてうれしく思う事この上ない。順調そのもの。

一般部

そのポイントだけ、そこだけ動けばいいのだが、まだまだやりこまなければ無理だろうか。
そのポイント以外は正直いらない。
そのポイントだけ、後はいらない。
そしてそのポイントがつかめなければ、その先は尚更いらない。

正解だけ、そのポイントだけ。

No(899)


■…2008年11月 7日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

色帯が増えました。
今日も帯を渡しましたが、本当に色帯が増えました。

新しい帯を締めて、みんなどのように成長していくか楽しみに見ていきたいです。
もうこの人数ではこの道場は狭すぎる。

上級

明確な課題、マイナス的な要因とプラス面での上積み。
やりだしたばかりだがいい動きになってきている。
動かない時は動かない、動く時は強く速く
そして的確で正確な動きを。

それを一瞬に詰め込む。
やることは多くて難しいが、することは簡単なこと。

稽古を見ていて、いい動きだ。
試合でこれができれば、非常に面白い。

一般

マンツー、今まで気づいてたまっていた事をやる。
組手は神戸で伸びているから、今は不確かな事を明確にするだけ。
その場面場面はいい動きができているので、そこを今後どのようにすればいいか、ヒントを出した。
今はただ動いているだけ、出しているだけだが、ある意思をそれにのせていけば、今の組手で全日本以外なら十分やれるだろう。

No(900)


■…2008年11月 8日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

徳島県大会まであと少しです。今週来週は徳島県大会に向けた稽古です。
初めて試合に出る、試合経験が少ない子供達が中心です。
神戸は上級者が中心になりますので、徳島県大会は非常にありがたい大会です。
みんなどんな試合をしてくれるか、今から待ち遠しくしています。
今日の感じではいい動きをしていたので、大会でこれを出せるように頑張ってほしいです。

一般部

というより、少年中級。
どこがどう伸びるなんてわからないものだ。
誰がどのように伸びるのかもわからないものだ。

そのような伸びる瞬間を見たときは指導者冥利に尽きる。
ありがたいことだ。

No(901)


■…2008年11月 9日 (日).......08年11月度淡路交流選手会・順位戦
08年11月度淡路交流選手会
洲本市文化体育館武道場 10時から11時半まで
参加者 20名

色々やりたいことがあったのですが、1時間半では短すぎます。
生徒たちには長すぎるかもしれませんが、やりたいことの半分くらいしかできませんでしたが、ようやくに島外の子達の事も理解できてきました。
今後少しはアドバイスしていけると思います。

感想はブログにて。

交流順位戦
13時から16時前まで
参加者27名

今日はまずは怪我なく終了できまして、安心しています。
前回、今回とようやくに怪我しなくなってきたので
少しはびくびくしながら見なくてもよくなってきました。

島外の強い子達に淡路の子供達がなかなかにいい戦いをしていたので
はたから見たら、にやにやしていたかもしれません。

チョイ昔、基礎トレでいいフォームで走っている生徒を見ていて
にこにこしてたので、女の子から、
先生、何笑ってんの、
と言って、友達の女の子に、
なんか先生笑ってるねん、ボソボソボソ。

ボソボソは聞こえませんでしたが、気持ち悪く見えたみたいですね。

今日もニヤニヤしていたかもしれません。

それはおいといて

いい内容の組手が多かったです。
島外の子達の組手も、何をしたいかも少しは見えてきたので
こちらも少しはアドバイスしていけると思います。

今日はいい組手が多くて、見ていて楽しかったです。

島外の生徒の皆さん、遠路引率してくださった保護者の皆様
淡路まで来ていただき、ありがとうございました。

審判してくれた、岡君、夏原さん、野上君ありがとうございました。

そして淡路の生徒の皆さん、今日は上達が随所にあらわれてましたので
うれしかったです。保護者の皆様いつも協力ありがとうございます。

いい交流会ができましたことを、参加者、関係者の皆様に感謝いたします。

No(902)


■…2008年11月10日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

昨日の今日ですが、休みませんね、みんな元気いっぱいでうれしいです。
体力がついたんだと喜んでいます。

そろそろ初心者幼年部も3ヶ月、ぼちぼち話が聞けるようになる気配がしてきました。まだまだ遊びたい気持ちがありありですが、少し最初にくらべれば話を聞いてくれます。まだまだそれは些細なものですが、少し進歩しています。

小学生初心者はもうしっかり稽古して、声も大きな声が出ているので、心配はありません。

心の置き所、最近そのような事を指導しなければいけないくらい、成長してきました。いい成長を見せているので、それに対した少し高度な指導に変更していきたい。本当に成長している、地味だけど確実に。

No(903)


■…2008年11月11日 (火).......洲本選手会 ゼムン空手教室
洲本選手会

指導 岡君

ゼムン空手教室

新しい形、お年寄り仕様から入ったやり方も
そろそろこの形での新しいスタイルを確立しなければいけない。

健康体操は健康体操のスタイルが確立できているが
これはこれでこれというスタイルを作らなければいけない。
少し試行錯誤しなければいけないが、この形よりピタッと重なる形がありそうだ。これは急務か。

No(904)


■…2008年11月12日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

徳島県大会でのアップと同じメニュー。

いい感じです、やる気も程よくのっていますので、やれそうです。
結果はどうあれ、勝てば自信がつくだろうし、負ければ悔しがるだろうし
どちらにしてもいい経験をつんでくれそうです。

いい歯車が回りだすと、こちらが何もしなくてもその歯車の回転に引っ張られて、自然といい方向に進んでくれる。
歯車が逆回転をしていたときは、どうしようもなかったが、
その強烈にマイナス回転していた歯車が、ここまでいい方向に回りだすとは
本当にうれしい。

本当に徳島県大会楽しみです。

一般部

なかなかに要領をつかむのが下手だが、いい感じにはなってきている。
順位戦で非常によい戦いをしていたので、今後は長所をどう伸ばしていくか。
マイナス点はもうあまりない。

No(905)


■…2008年11月14日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

徳島県大会前、洲本はほとんど神戸に出るので稽古に変更なし。

攻撃を意識しだしてから、かなり馴染んできたように思えます。
最近は気迫などという言葉もいえるくらいに、進歩してきたようです。

今の組手に気迫が現れるようになれば、どのような組手になることだろうか。
それがこの冬の試合で出せるようになるのか、春まで待つのか
今日の感じではそう時間はかからないだろう。

一般部

ようやく形が整ってきましたが、怪我でのロスが痛かった。
時間は戻りはしないが、今後このようなことがないようにしたい。
そして祈りたい。


No(906)


■…2008年11月16日 (日).......第11回徳島県空手道選手権大会
第11回徳島県空手道選手権大会 健祥会パートナー
開会式 10時 
総出場者 344名 淡路道場 型 2名 組手 12名 神戸 1名

優勝   野上一誠  中山裕己
準優勝  鳥住龍輝  北原敦也
3位   久保美聡  下垣圭一(川西、神戸選手会) 
ベスト8 中西望   天野翔太  大利賢佑

詳しくはブログにて。

No(907)


■…2008年11月17日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

帯なり、生徒たちを見ていて帯なりだと思います。
前列はしっかりやれてきているし、やろうとしている。

白帯は白帯なりにはしっかり稽古できている。

これはこれでいいのだろうと思うが、でもここはもっと欲張りたい。
その為には厳しいことをこれから言わなければいけないのだと、今日は見ていて感じた。
それもその欲を張るところまで持っていくには、相当厳しいことをしなければいけないだろう。

いつもこのようなときに思うのが、また一段と嫌われるなと。

それを今回はいけない事に、
少し嫌だなー、あの作業をまたしなければいけないのか
と、少し及び腰になっている自分の気持ちを見つめて
丸くなっていたんじゃ、生徒を指導なんて出来ないんだと
その少し億劫になった自分の心に反省。

好かれよう、好感を持たれよう、尊敬されたい、いい印象を持ってもらいたい

自分はこのような感情は指導する上で持たないように持たないようにと自戒している。
生徒に好かれる必要なんてない、尊敬されようとする必要もない、好感度なんて最悪でいい、己の感情なんてどうだっていい、と考えている。

いい言葉ばかり言えればいいが、楽しいことばかりやれればいいが
そうは行かないことのほうが多い。

嫌われたいとは思わないが、嫌われるという事を自覚した上で
今後厳しいことを言わなければいけないだろう。

No(908)


■…2008年11月18日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

長文を書いて消えたら、もう同じ内容は書かない。
ノートパソコンはこのような事がよくある。今も長文が消えてしまった。
そのように消えたときにこそ良く書けた名文であることが多い。
自分で名文というくらいだからたいした事はないのだが、名文が消えてしまった。

選手会も一段レベルを上げています。このレベルの稽古をよくぞ出来るようになったものだと感心していると共に、にやにやしています。

ここからは今までみたいなキレイなことばかりではない。
ブラックが強い稽古になっていく。いやらしい稽古をしなければいけない。
自分はどちらかというと、こちらのブラックな稽古のほうが得意なので、
これからは思う存分、自分の地を出していきたい。

それにしても本当に高度なレベルの事をやれるようになった。
本人達はわからないだろうが、見る人が見たらこのレベルの高さに驚くだろう。
試合で使えるかといえばまだまだだけど、見る人が見たら本当に驚くレベルだ。
子供達は、こんな簡単なことがなんで出来ないんだだろうかと思っているみたいだが
子供達が今やっている事は、そんなに簡単にできるように思っているような簡単なレベルの話じゃない

受け返しの先の先、そこがあるのならそこまで行ってほしいものだ。

今はまだ受け返しの少し先。先はまだまだ遥かに遠い。

No(909)


■…2008年11月19日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日はちらほら雪が舞っていました。

徳島県大会はいい経験になったみたいですね。
試合に出ていた生徒がたくさんきていたので、大会でやる気が出たようなのでうれしく思います。
今日は日曜の大会の後ということで、少し軽くしました。
あらためて大会に出るという、真剣勝負を経験したすごさを思います。
予想以上にいいやる気が育ちました。

一般部

マンツー普段やっている事、いつも思っていることの2つだけやりました。
まだやりたいことはあったのですが、それはまた次の機会に。

No(910)


■…2008年11月21日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

今日はべんてん祭りでした。
その関係で本町商店街も人が多かったです。昔はこれくらいの人はいつも本町にはいたように感じますが、今は祭りでしかこの賑わいはありません。
時代とはいえ、寂しいものです。

祭りでも変わらなく稽古、その心意気は素晴らしいです。と、昔ならそうなのでしょうが今の子供達は祭りでも関係なく稽古します。運動会、遠足の後などでも普段と変わりなく稽古に来るので、

自分なら確実に休むでしょうから、それには関心しきりです。
みんな本当にまじめです、頑張りすぎでないか心配するくらいにまじめなのです。

技の感覚を修正しています。修正というより進歩といったほうがいいでしょうか、ようやくここまで指導できるようになりました。
指導の手順は色々あるでしょうが、ようやくこのような事が指導できるレベルに来たと喜んでいます。

でもこのような事を意識的にやると、稽古中の怪我がどうしても増えるので、危険だと認識させながらやっていきます。倒す倒さないという事は危険なことですから。

少年上級

今までのスピードでこれをやれればいいのだが、精度をあげればスピードが落ち、スピードをあげれば精度が落ち、最初だからしかたないかと思いますが、
中々に今までのスピードに精度をプラスしていくというのは難しいみたいだ。

突くとき蹴る時の意識の持ち方、それが出来れば自然とこれは出来るようになるのですが、流れ重視でやってきたので、この稽古は中々に難しい課題みたいです。神戸までは難しそうですが、何人かは間に合うかもしれません。
でもそれが自然と無理なく出せるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

それにしても高度な事を課題にできるような高いレベルにきました。

一般部

シンプルイズベスト、強い技を出せるのだから、シンプルで思いっきり振れる形がいいと思っている。
シンプルが一番。

No(911)


■…2008年11月22日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

満遍なく各世代が育つような道場が理想ですが、そのような感じに自然となってきている。
洲本は洲本、三原は三原と各色が出てきて、いい感じになっていると思う。
今日出ていた子達が黒帯を取るような時期になれば、素晴らしい布陣になる。
そこまでは非常に先が長い話だろうけど。

一般部

というより少年部中級。
この子達中心に詳しく稽古したのは初めてか。
最近やる気が見えてきたのをうれしくみているが、そろそろ細かい点をやらなければいけない時期。だいたい同じような課題なのでこの子達が中心の時は、今日のような稽古をやっていきたい。
神戸があるので少ししかやれませんでしたが、やる気がある子が増えてくれるのは本当にうれしいものだ。

神戸選手会

だいぶ見えてきました。
今後はこれをどうしていくかという時期に入ります。
ようやくに見えてきたが、その課題をどのようにというのが、非常に難しい。

No(912)


■…2008年11月24日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

今日は茶帯が4人、4人揃うというのは初ですね、たぶん。

昇段審査を受ける人たちに、12月いっぱいまで指導をやってもらいます。
黒帯イコール指導員になるのだから、道場の稽古を最初から最後までできるのは当たり前。
茶帯が12月いっぱいまで指導しますが、しっかりサポートしますので
皆さん協力よろしくお願いします。

その関係で初級に移動と型を教えましたが、意外と覚えが早い。
そして何より、こんなにやる気があったんだという事がわかって、素直にうれしい。
12月は白帯中心に指導していくので、色々発見できそうです。

No(913)


■…2008年11月25日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

神戸前では厳しくやれる最後の選手会となりました。
それにしても今日は少なかった、大丈夫だろうかと思うが、それも含めて試合なのだと思う。

もう言うことがありません。稽古では色々言っていますが、もう十分以上です。
後は自分たちで気付くだけです。

こちらはそれを待っているだけ。
どこで気付くか、後はそれがいつかだけ。

No(914)


■…2008年11月26日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

風邪が流行っているみたいですね、今年は特に温度差が激しいので揺さぶりが厳しいです。

一期一会、今ある形は永久じゃない。三原は特にそう思います。最近はオレンジ帯中心で、中にはそれを寂しがっている子達がいますが、それはそれで新しく上になる子達がしっかりしてきているので、何が最上というわけではないです。

今日のような稽古は時間がかかります。下手をすれば組手より時間がかかります。このような稽古は肉体的しんどさはないので、稽古した気になりにくいものですが、しんどい稽古ばかりがいい稽古ではありません。このような基本的な事は、正確に時間をかけていかなけれいけないので、道場ですべてできません。できれば自主稽古などでやってほしいものですが、黒帯になるまではその大事さには気付かないでしょう。

一般部

このような稽古をどれだけ短期間で身につけられるかどうか、上達はそれにかかっている。一度できれば次からは本当に簡単なのだが、その最初が中々に見つけられないみたいだ。
一度わかれば簡単なのだが、渦中の当人達にとってはさぞかし大変な課題なのだろう。
これに関してはできるまでとことんやっていきたい。

No(915)


■…2008年11月28日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部(11月度順位戦)

今日は11月度順位戦でした。

今日は葬儀、昨日から通夜とほとんど寝ていなかった。

今日思ったのは強くなった自信の表れか、相手を見れてない、自身を過大評価するような面が多かった。身長に差があるのに顔面がら空きで突きをバンバン突いていたり、実力差がかなり開いているのに、緊張感がなかったりと、相手が手加減してくれるであろう、ということに甘えてしまっている面が見られた。

慣れるというのがいい方向に向いていなく、慣れてだれてしまっているような感じだ。少しここらは何か考えなければいけないようだ。

少年上級

いい仕上がりです。今の時点で言うことがないが、ニュー淡路道場を印象付けるだけの組手にはなりそうにない。本番でどれだけ通じるかだが、まだ明確な意識を持ってそれを出すレベルにはいってない。

あくまでも流れができているだけで、流れをコントロールしていく、そして今やっているような意識では技を出せていない。
たまに思い出したように技を出すレベルで、明確な意識で技を出せてない。

後は本人達の努力に期待。

極真祭よりは遥かにレベルは上がっているが、狙ったところまでいけなかったので、こちらが考えている組手はまだできないだろう。
それでも勝ち負けだろう。

一般部

崩れていたものがようやくに回復してきた。
このメンバーで稽古していければ、またいい感じになってくるだろう。

神戸で揉まれた効果はすごい。

これが神戸カップでどこまで生きるか、楽しみだ。

No(916)


■…2008年11月29日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

妹、弟連中が稽古に参加したいといってくれるのはうれしいですね。
何度も何度でも挑戦してください。一度で決め付けないで何度も挑戦してください。お兄ちゃんお姉ちゃんみたいに最初からはできないですが、いつか憧れが憧れられる側に変わることでしょう。

大会を通してまた一段と強くなってくれました。本当に大会はありがたいものです。稽古だけでこれだけ劇的な進歩は中々できないことでしょう。大会様様です。

一般部

今日は大幅に進化しました。
こちらが、だめだ、という前に、それはだめだ、と言っていたので
おお素晴らしい進歩だとうれしく思いました。

この考え方と稽古方法で稽古していけば、上達は約束されたもの。
それにしても今日は素晴らしい進歩でした。

できた事が進歩ではなく、考えようとしてきたこと、それが何よりの進歩。
それがあれば、今後どこまででも伸びることでしょう。

No(917)