■…2006年 2月 1日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部(2月度順位戦)
今日は2月の順位戦。
今日の組手は内容が良かった。
ド突きあいの中で引きたいのだが頑張って引かなかった試合が数試合あったので、根性という面では進歩あり。

意識のある組手というものはまだ出来てないが、原点であるド突きあいで引かない気持ちをだせたので、よし。
まだ負けないという気持ちにはなってないが、その内に組手に負けたくないという気持ちをのせられるようになる事だろう。そうなればどんどん上達する段階になるのだが、まだ少しそこまでには時間がかかりそうだ。

一般部
試合のときは一般部の時間が減るので、申し訳ありません。
順位戦のときは迷惑かけますが、ご容赦よろしくお願いします。

No(122)


■…2006年 2月 2日 (木).......由良基礎トレ
由良基礎トレ
インフルエンザで学級閉鎖みたいで、今日は2人だけ。
調子が悪いのと、病み上がりなので今日は30分で終了。
この時期はしかたない。病気の時は無理をしないように。

No(123)


■…2006年 2月 3日 (金).......洲本少年部
洲本少年部
今日はHP用の撮影をした。
基本の撮影も前回に比べれば、今日は少し決まっていた。

金曜は内容は変わらないないから、上達が良くわかる。
目立ってガンと伸びてはないが、少しずつは伸びている。
このように少しずつ上達していくのだろう。

怪我が多いので、きつい内容の稽古はもう少し先になりそう。

一般部
日曜の強化稽古があるので本日の参加者なし。

No(124)


■…2006年 2月 4日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部
今日は初心者の子達と体験入会の子達が多くて、今までで一番参加人数が多かった。今までの稽古のやり方は20人前後が限度で、今日の人数になればやり方を変えなければいけない。

30人、40人でも出来るような雛形を作らなければいけない。
色帯がしっかりしてきたので、もう白帯に引っ張られないが、でも今日は稽古がもたついてしまった。

低学年から幼年部ばかりなので、これでもよくやれているのだが、生徒とか保護者の人たちにそんな事は関係ないから、できるだけ早くこのたくさんの生徒に対応できる雛形にしたい。

一般部
子供たちが出てくれているので、稽古らしい稽古になってきた。
審査まで間がないので、基本、移動、型など基本的な部分をしっかりしたい。

No(125)


■…2006年 2月 5日 (日).......関西地区強化選手稽古
関西地区強化選手稽古
大阪市大浜体育館13:00〜16:30超。
淡路道場参加者
岡洋介3級

9時過ぎのバスで神戸〜梅田〜難波〜堺市へ。
13時を少しオーバーしてしまい、乗換えと現地の歩く距離が長くて
遅刻してしまった。少し淡路からは行きにくい場所だった。

基本、補強、試合用の稽古など特別な稽古はなく、どこでもやっている稽古を回数をたくさんやる感じだった。

期待していたスパーだがあまり意識しすぎて、様子見に終わり、こちらとしては色々試してもらいたかったのだが、あまり得るものがなかった。

この時期はトップレベルがほとんど稽古していないので(試合用にという意味で)、みんな終始軽めの感じだった。

ワンマッチをたくさんやったが、もう少しライトスパーなどたくさんやって欲しかった。強化選手稽古も今は試行錯誤の段階なので、これからどう進歩していくのか、課題はたくさんあるように思うが。

帰りも23時前に家についたので、やはり堺は淡路からは遠い。

No(126)

山の > 大阪市は堺市へ訂正   ..2006/02/06(Mon) 12:47 (127)

■…2006年 2月 6日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古
今日は寒さが厳しかった。

稽古中不思議な事が一つ。
移動稽古中、突如床に一面の水溜りが出来た。
なんだったのか原因不明だったが、不思議な事もあるものだ。

まあわからないような事があるのも、ファンタジーで非常によろしい。
ほんとになんだったんだろうか。

No(128)


■…2006年 2月 7日 (火).......洲本選手会
洲本選手会
今日は一般部の参加なしで低学年のみ。
まだこの稽古になれないのか、最後までもたない生徒がでた。
まだまだトップにあげてないのに、トップにあげればどうなるのだろうか。

それと日曜は今日よりはるかにきついから、はたしてどれだけの生徒が最後までもつのだろうか。今日でかなり不安になった。これくらいを最後まで出来ないのなら世界で勝つなんて大きなことはいえない。

No(129)


■…2006年 2月 8日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部
今日は順位戦の年間チャンピオンと努力賞の表彰をおこなった。
掲示板に順位は発表してあるので、そちらを参考に。

強い順番がまじめに稽古した順番通りなので、かなり安心した。

一般部
まだまだざわざわしていて、稽古に集中をかいてるので一般部の生徒の皆さん申し訳ありません。

No(130)


■…2006年 2月 9日 (木).......由良基礎トレ
由良基礎トレ
11日が由良の祭りなので、生徒がだんじりの太鼓をたたくのでそちらの練習に。

だから今日は一時間の短縮で。

今日は腕立てとか何回できるかをやったが、かなりできたのでびっくりだった。

小学4年生の子が腕立てを軽々と30回、小学一年の子も軽々と20回できたので、たいしたものだと思った。

それに比べて昨日の三原道場は腕立てをやったがぜんぜんできなくて、これは道場でも補強を本格的にやらねばならないと思った。

懸垂も一年の子が10回、4年の子が5回と最初一回もできなかった事を思えばかなり向上してきたので、うれしい。

No(131)


■…2006年 2月10日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部
(2005年度努力賞、年間チャンピオン表彰)
今日は努力賞、年間チャンピオンの表彰をした。

稽古の中、スパーリングで学年が下の子に負けて、へらへらしている子がいたので、かなり厳しく注意したが、わかってくれただろうか。

まずはプライドというものを持ってくれなければ、その先をやれない。
下に負けてもいいじゃん、という感じで、それが恥ずかしいという感覚がない子が多いのにびっくりする。

でも教えていけばだんだんそのようになっていくというか、自然とそのようになっていくので、この負けて当たり前という感覚の子が多いという事を認識して教えなければいけない。

空手の世界というより、勝負の世界は厳しい。社会も厳しい。
それを負けないで立ち向かう勇気の根源はプライドだ。

そのプライド、尊厳の大事さをしっかりと教えていかなければと、今日のスパーをみて痛切に思った。

一般部
今日は白帯ばかりだったので、基本的な身体の使い方をやった。
なかなか先はながいなーっと思った。

No(132)


■…2006年 2月11日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部
今日はうれしい事がたくさんあった。
新しく入ってきた子供の面倒をみるのは、色帯の役目なのだが、その色帯がやらなければいけないことを幼年部の年長の子と、年中の子がやっていた。

座り方とか並び方とか、とにかく一生懸命に。
見ていて年長といえども、正義の心はあるんだと。

人が人を教えるときには大多数の人が、自分が正しいと思うことを教える。
極真空手のよさは、先輩が後輩の面倒をみるというところだ。

その先輩の心が、年長さん年中さんでもうできているところに、今更ながら極真空手のすばらしさを感じた。

その内に自分などが何も言う必要はなくなるだろう。
かなりさびしいものだが。

一般部
審査に向けて、基本、移動、型をしっかりとやる。
今日見た感じじゃ、かなり厳しいが、審査まで必死でやってもらいたい。
その何かをやろうとした事をみたい。

No(133)


■…2006年 2月12日 (日).......国際大会用特別強化稽古(1回目/全6回)
国際大会特別強化稽古(1回/全6回)
今日は1回目の国際大会特別強化稽古を行った。

初という事で流れだけをやったが、今日でもかなりきびしそうだったので、追い込むところまであげれるかどうか。

生徒には申し訳ないが、今回は追い込むとこまであげるつもりだ。

今までは勝つという事に執着した稽古はしてなかったが、今回はここ一番で頑張れる心をつくる稽古をやる。

ここまでやったんだから、絶対に負けないという心を。

それは稽古でつくるしかない。それも過酷な稽古で。

それに勝たなければ大舞台で輝く事なんてできない。

次の回も流れだけに終わるだろうが、その後の4回はメイチまで追い込む。

生徒にはただ頑張れというしかない。がんばれ。

No(134)


■…2006年 2月13日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古
少しずつだけど、基本 移動 型も決まってきた。
基本 移動 型 組手は回り回って一つの円になるが如く、
どれもが大事です。
ようやく基本 移動 型にみんな目を向けだしてきたので、
こちらの方も良くなってきた。

今までは何を言ってもだめだったが、
今はようやくこの方面の聞く耳が出来た。

これからは基本的動作から型まで、その原理原則を教えていけそうだ。

No(135)


■…2006年 2月14日 (火).......洲本選手会
洲本選手会
今年度から始めた新しい稽古も今日の過程で、一通り終了した。
これからは少しの間、この動きになれるまでは何もする事がない。

4月にある大会が少年部には本番だから、いい形を作れない状態で戦わなければいけないので、かなりの不安はあるが、長い先を考えれば今回ということはないのだが、でもこれが使いこなせれば勝つことも簡単なことだろう。

一般の方は大阪府選手権でしっかり試せるから、今回のウエイト制はやってくれる事だろう。

No(136)


■…2006年 2月15日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部
ここに来て色帯連中の甘さが目立ってきたので、今の悪いところをこれから意識させていきたい。直すのは自分じゃなく生徒自身がやることだから、悪いところを悪いとしっかりと認識して、それを重点的に直して欲しい。

全体的にレベルが上がるとこのように悪いところが非常によくわかる。
間違いを直す一歩目はその間違いを間違いと認識するところから。
その間違いが認識できれば、あとはそれを直そうとするだけ。

今日叱った事が、わかってくれただろうか。

No(137)


■…2006年 2月16日 (木).......由良基礎トレ
由良基礎トレ
今日新しく2人練習に参加した。
弟妹で、女の子の本格参加は初めてになるかもしれないので
頑張って欲しい。
男の子ばかりだからやりにくいだろうが頑張って欲しい。


No(138)


■…2006年 2月17日 (金).......洲本少年部
洲本少年部
この今の形も、今日見た感じ慣らし終了でいいだろう。

思ったより、ここまで来るのが早かった。

今日は少し厳しく注意したが、急に厳しくなったので、少し戸惑っただろう。

いままではただやってくれるだけでよかったのだが、

これからはそうはいかない。

次の段階に移行というより、

今の稽古を極めていくという感じにしていくので、

生徒の心を、少しずつ今の形に集中させていきたい。

No(139)


■…2006年 2月18日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部
今日は小さいほうだったので、もうこの人数では無理だ。
昔この時期は小さいほうばかりだったけど、
その時は狭いと思わなかった。

今はどうしようもないくらいに狭く感じた。

道場を引っ張ってくれていた2人が、土曜は出稽古にいっているので、
頼りきっていた色帯連中が一番上に来て、
上だという自覚がまだないので、
道場が締まらなくなっている。

次世代を育てるチャンスなのでしっかりとさせていきたいl

No(140)

一般部 > 今回基本とか型をやっテいるが、審査まで間に合うんだろうか。   ..2006/02/18(Sat) 22:29 (141)

■…2006年 2月19日 (日).......国際大会用特別強化稽古(2回目/全6回)
国際大会用特別強化稽古(2回目/全6回)

この稽古も2回目になり、一回目では3時間かけて最後までできなかったメニューが、今日は余裕残しで最後までできた。

いろいろ行う稽古の中で、穴をあぶりだすようないい稽古になってきたので、
来週からの本番は、がんがん集中していい稽古にしたい。

稽古が最後まで持たなかった人は、それだけスタミナがない証拠、組手を最後までできなかった人、それは弱い証拠、それをしっかり認識して次回からの稽古に望んでください。

生徒のみんなも保護者の皆様も、毎日大変でしょうが後4回頑張ってください。

No(142)


■…2006年 2月20日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古
審査を前に基本、移動などかなり良くなったと思う。
全体が決まってきたので、適当にやっている子は非常によく目立つ。
今までは全体が適当だったのだが、今は適当が少しの人になった。
この適当にやっている子達も、今日はバツが悪そうだった。
いくら言っても適当にやるのが直らない子は、こうやって自分で気付いていくしかないだろう。


No(143)


■…2006年 2月21日 (火).......洲本選手会
洲本選手会
一度選手会のあり方を考えなければいけないようだ。

No(144)


■…2006年 2月22日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部
三原は至って順調に育っている。
最近は審査の為に、一般部にも少年部が出てくるし、
自主稽古も稽古終了後やっているし、
ほんとに順調。
ここまでくれば、何も言う事はない。

後は国際大会で、形をつくることができれば、
もう道場としては全国トップレベルたる道場と言えるだろう。
その最後の魂ともいえる、国際大会での結果を。

一般部
審査を受ける子達は当たり前のように出てくるようになったので、
基本、移動などようやくできたというところまではきた。
審査ではできるだけでは一つだけ昇級なので、
できればしっかりできるというレベルまで頑張って欲しい。

No(145)


■…2006年 2月23日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ
今日は新しい参加者が2人来て、にぎわしかった。
でも6年生はもう少しだけなので、またさびしくなる。

昨年は人数がガクッと減り、やめようかとも思っていたが、
今年は5年生以下が今現在で6名いるので、その心配はない。

新しく入ってきた子はゲームの時に参加しにくいのか、
6年生が怖いのか、ボーって立っているだけに終わる。
その内に慣れてくれば楽しくなるのだが、
そこまでが大変みたいだ。

基礎トレに関しては楽しくというのを優先させているから、
気楽に運動に慣れ親しんで欲しい。

今の子供達は思いっきり叫ぶとか、感情を出すのがへたなので、
基礎トレでは思いっきり叫んで、感情をいっぱい出して欲しい。

由良健康体操
今日は説明会を行う。
8名の方がこられて、身長と最大歩幅を測定。
そして生年月日をうかがう。
これでコンピューターで体脂肪、内臓脂肪、
基礎代謝、筋肉量等が測定できる。

HPにて1人のデータをモニターしていくので、
そちらもお楽しみに。

再来週からいよいよ始まる。

No(146)


■…2006年 2月24日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部(2月度順位戦)
洲本の順位戦も20名を超える人数が参加するようになってきて、
少しずついい雰囲気になってきた。
今までは少し抑え気味の組手をさせてきたが、
それでは、どうしても受けの大事さがわからないので、
少々のダメージを覚悟で厳しい組手をさせた。

受けが悪いと倒されるという意識は、
倒されてみないとわからないだろうから、
少々厳しいがこれからは痛みで大事さをわかってもらう。

世界で戦うには受けができなければ勝負にならないから、
とにかく徹底的に受けの意識をもたせたい。


一般部
今の形のツーパタン目の組み立てにはいる。
これで今の形の基本的な構成は終了するから、
このパターンを独自で構築して、
自分オリジナルな組手をめざしてもらいたい。

No(147)


■…2006年 2月26日 (日).......国際大会用特別強化稽古(3回目/全5回)
国際大会特別強化稽古(3回目/5回)

稽古にも慣れ、かなり稽古に集中できるようになった。

集中できているおかげで、各生徒の穴がバンバン出てきた。
まず穴を穴だと認識しなければ、穴は直らない。

今日はかなりの穴をあぶりだせたので、非常にいい稽古になった。
穴を一つつぶせば次の穴がでてきて、
その次をつぶせばまた新しい穴が出てくると、
この繰り返しでどんどん強くなる。
穴が出てきたからと腐らないで、一つ一つ真摯に受け止め、
しっかりとそれをまともにつぶしていき、
その繰り返しに負けないように。

そして穴が一つつぶれればそれだけ強くなったということだから、
マイナスにとらわれないように、
ああこのできないことができるようになった、
僕はまた一つ強くなれたと、明るく厳しい稽古に立ち向かおう。

あと2回、更に厳しくしていくが頑張れ。

No(148)


■…2006年 2月27日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古
3月から文化体育館といっていたんだけど、
何人か文化体育館に行ったみたいだ。

来週から月曜日は文化体育館になるので、
稽古しやすくなるだろう。
レインボープラザは駐車場がないのが、
そうとうに不便らしいので、
これで少しは来やすくなるだろう。

審査まであと少し、
挨拶とか、普段の立ち方とかが
適当な生徒が多いので、
基本的な挨拶、礼の仕方、立ち方を
もっとしっかりしてもらわなければ。

No(149)


■…2006年 2月28日 (火).......洲本選手会
洲本選手会
あわててはいけないのだが、
あまりにもできないことに慌ててしまう。

おまけに流れまで滞っているので、
少し早すぎたのか、
一気に3つは多すぎたのか。

まずは流れなのだが、
今までの流れでこの3つを使いこなすのは
かなりむつかしいのだろう。
流れができてこの稽古なので、
流れを落としてもらいたくはないのだが、
そうすべてが順調にいかないのだろう。

少し我慢ではなく、かなり我慢になりそう。


No(150)