■…2006年 4月 1日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日は青帯の生徒を厳しく指導。
もうこのメンバーで一番上なのだから、
今日みたいな責任感のない稽古はだめ。

小学生一年生(もうすぐ2年)でかなり厳しすぎるかもしれないが、
ここでびしっと指導しておかないと、
今日の感じで適当でいいやと思ってくれるのは
本人の為にならないし、
回りにも悪影響を及ぼしてしまうから、しっかりしてもらわないと。


三原一般部
もう女性クラスになったみたいだな。
ようやく色帯を取得したので、
これからもこの調子で頑張って欲しい。

No(182)


■…2006年 4月 3日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

今日から月曜の稽古は洲本市文化体育館に完全移設。
これまでなら月曜はだいたい10人前後だったが、
文化体育館に変わったとたんに20人を越える生徒が参加。

それだけ稽古しやすいんだろし、
その後の自主稽古もやりやすいからだろう。

本来ならこの春から新しい道場で稽古できていたのだから、
この稽古の形はなかったんだろうが、
あのテナントがだめになって良かったように思う、今なら。

夏には道場が移設になるが、
移設してもこの文化体育館での稽古はなくさないつもりです。

次の道場の移設場所はこれまた人があまり通らない場所なので、
宣伝効果があまりないから、
この文化体育館は宣伝効果、
施設の充実度、すべてにおいて良いものだから、
ここは離しません。

自主稽古もたくさんの人がやるようになって、
自分の手からようやく飛び出し始めたので、
ようやくとうれしく思う反面、
少しさびしい気持ちもある。

No(183)

山野 > 稽古しやすいんだろしは、だろうしの間違い。   ..2006/04/03(Mon) 22:08 (184)

■…2006年 4月 4日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

今日はフルメンバーが集まって、非常にいい稽古ができた。

少年部、途中抜け組と、最後組の
3パターンの稽古を組むのは正直むつかしい。
達人技を使わなければいけないような稽古は続かないから、
なんとか簡単にできるようにしなければいけない。

今日のメンバーで稽古していければ、
このメンバーは
今後かなり強くなっていくだろう。

選手層も厚くなってきて、
今後どんどん強くなっていく事だろう。
いい選手会になった。

No(185)


■…2006年 4月 5日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部(4月度順位戦)

今日は4月度順位戦でした。
国際大会メンバーも参加して、
全体的にいい内容だったと思います。

一月に一度やっている関係で、
飛躍的に向上しているという感じでないですが、
少しずつ微妙に成長しています。

とにかく三原はがんがん組手をやって
その中から今みたいに学んでいってもらいたい。

一般部

今は受け返しの3種をやっているから、
その後はやってないが、
大阪府選手権が終わったら、
ラッシュの稽古をやっていこうと考えている。
今日はさわりだけやったが、
大阪後本格的にやろうと思っている。
大阪は今のままで勝負。

No(186)


■…2006年 4月 7日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部
洲本の少年部もようやくいい形になった。
稽古の強度も今くらいがちょうどいいだろう。

今日体験入会した子供さんが稽古後、
楽しかったー、これからもやりたい。
との事で入会する気持ちを稽古で決めたみたいです。

結構な量を金曜はやっているが、
生徒の感想はもう終わるの、と最近頻繁に聞かれる。

一時間半がかなり短く感じるという事は、
集中してやれている証拠なので、
金曜はこのままでいいだろう。

一般部
いい仕上がりになりました。
大阪では全力を出し切れれば好成績を残す事だろう。
大阪ではコート責任者なので、
生徒の試合どころではないのが非常に残念だ。

No(187)


■…2006年 4月12日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

国際大会終了後の稽古になるが、
国際大会ではかなり自信をもらう事ができた。

来年は確信を持って優勝を狙えるだろう。
今年のうちのレベルであそこまでやれるのなら、
もう世界大会といへども経験の為でなくて良いだろう。

もう来年からは勝ちにいく大会になる。

それと国際大会に出場していない生徒でも好素材はたくさんいるから、
これからのうちの道場は全然別物になる事だろう。これからは。

一般部

前回やったようにラッシュのさわりを。
ラッシュも色々やり方があるから、
基本的原則を大阪が終わればやっていきたい。

No(188)


■…2006年 4月13日 (木).......健康体操休み
健康体操が葬式の為、休みでした。

皆さん健康体操を非常に楽しみにしていてくれるみたいで、
こちらとしてもうれしい限りです。

借りている場所の都合で休みが多くなりますが、
今後もよろしくお願いします。

来週も新しい人が3人くらい参加するみたいなので、
開始一ヶ月で順調に10名を軽くこえそう。

No(189)


■…2006年 4月14日 (金).......洲本合同稽古
洲本合同稽古(試合前調整)

今日は大阪カップの調整で40分くらいの調整で終わりました。

洲本道場はというより、
洲本という土地柄か、洲本道場は中々火がつかない。

才能のある生徒が揃っているのだけど、
どうもその才能だけのプライドを中々持ってくれない。

これにはほんとに頭が痛い。
才能があるのにもったいないと感じる生徒がほんとに多いのだ。
どうすればその才能にきずいてもらえるか、
お前はそんなもんじゃないんだよー、
と教えたいのだが、

僕はそこまでしなくてもいいんですよ先生
とこう来るから、
それ以上に踏み込めない。

どうすれば、お前はそんなもんじゃないよ、
という事を洲本道場の生徒にうまく伝えられるのだろうか。
いまだにこのノウハウを自分はつかんではいない。

ほんとにどうすれば火がつくんだろうか。
その足がかりさへ今はつかめてはいない。

No(190)


■…2006年 4月15日 (土).......三原稽古休み
明日、大阪カップの為、本日三原の稽古は休みです
No(191)


■…2006年 4月16日 (日).......大阪カップ2006
大阪カップ2006
本日は大阪カップでした。
淡路からは18名が参加
マイクロバスを一台チャーターして大阪舞洲アリーナに遠征しました。

行きのバスでは国際大会の決勝戦のビデオを観戦しましたが、
各試合の解説はしませんでした。

今回はチャンピオンクラスに8名が初挑戦するので、
なんとか一つでも勝ってくれれば、と思っていましたが、
チャンピオンクラスはそんなに甘くなく全員初戦敗退でした。
今後も今回の結果にめげないで、チャンピオンクラスで勝てるように
今後の稽古につなげて欲しいです。

今回他流派の選手はでなかったのですが、
参加選手が700名と予想以上に多かったです。
来年は今回の大会の雰囲気から、
かなり参加選手が増えると感じました。

新川直矢君が4位に、
新川真彦君がベスト8に、
2人とも上の帯の選手に勝っての頑張りだったので、
非常に良かったと思います。

このレベルの高い大会での経験を
今後の稽古にしっかりと活かしていって欲しいと期待しています。


No(192)

山野 > チャンピオンクラス山家龍太君ベスト8進出でした   ..2006/04/19(Wed) 22:50 (193)

■…2006年 4月19日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

国際大会、大阪カップで出てきた穴を
これからじっくりと修正していきたい。

一人一人にかなり課題が出てきているので、
少しペースダウンしてこの時期にしっかりなおしときたい。

言葉でいうより直接カラダで教える方がてっとりばやいので、
今日より組手で直接教える形に変更したが、
他で少し怪我人が出たので、
少し様子をみていきたい。

一般部
サバキなどを最近はやっているが、
女性が多い時は馬鹿みたいに
受け返しにこだわる必要はないだろう。

No(194)


■…2006年 4月20日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

今日はすごい事に
新しく入りたいという子が20人近くも来ていて、
体験で練習をやってもらったが、
これだけ集まった理由はなんだろうか。不思議だ。

人数がこれだけになると練習のやり方も考えなければ、
今までのやり方では無理がくる。

でもやり方によれば、かなりいい効果的な練習が組めるので、
この人数がどれだけ入会するかどうかによるが、
多人数でできるやり方も用意しときたい。

由良健康体操
こちらも一月で最初の予定人数に到達。
やはり、今の体力は40分というところ。
そしてペースもつかめてきたので、
今後はいい練習にしていけるだろう。


基礎トレは読めないが、
健康体操は今後かなりな人数になる事だろう。

一月足らずで膝が痛くなくなったとか、
今まで出来なかった正座ができるようになったとか、
それも何年間も病院にかかった人達がなので、
十分以上の手応えを感じている。

No(195)


■…2006年 4月21日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

国際大会、大阪カップを経験して明かに顔つきが変わった。
経験とはほんとにありがたいものだ。

組手で今までなら痛くて投げ出しているような場面でも、
こちらから叱咤すると、泣きながらもむかっていけてたので、
やはり試合経験はどんどんすべきだ。

試合で得てくる大事なものを、稽古で学習するのはほとんど無理だ。
試合でしか得る事ができないことなんて、ほんとにたくさんある。

一年後にそれを知るより、今知った方が、
知った一年は知らない一年に比べれば、どれだけ有意義な一年になるか。

だからできるだけ試合には気楽に出て欲しい。
気楽にでるような空手の試合は甘いものではないんだが、
道場の組手の延長くらいに捕らえて、
勝ち負けにばかりこだわらずに、
どんどん出て行って、たくさんの事を学んでいって欲しい。


一般部
他県から移籍してきた生徒とマンツー。
それにしてもかなり癖があるので、
まずはこのまずい癖をなおすところからか。

No(196)


■…2006年 4月24日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

月曜日は稽古しやすいのか、
出席者が増えてきている。

自主稽古なども半数以上が楽しそうにやっているので、
この雰囲気なら今後も生徒数は増える事だろう。

今までは基本稽古を流していたが、
これからは細かい部分もしっかりとしていきたい。

基本が決まらないから移動などひどいものだ。
まずは基本から、しっかりとしていきたい。

No(197)


■…2006年 4月25日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

国際大会、大阪カップで出てきた穴はことのほか大きい。

基本的な事では、受けた後に後ろに下がる
場面が非常に多かったという事。

受け返しで大事なのが受けた後。
この一番大事な場面で後ろに行くという選択は最悪。
絶対が付くぐらいだめなことなのだ。
こんなシーンを何場面もつくれば勝てないのは当たり前で、
今回の負けの大部分の試合でこのシーンが多かった。

今日の稽古でも、このような動作が多かったので、
まずはそれがいかにだめなのかを、
徹底的に問題意識させて、
いいチャンスだから、この機会に徹底的にやりたい。

このような大きな穴が見えるのも大きな大会に出る意味だから、
ほんとに大きな大会は指導者にはありがたい。


No(198)


■…2006年 4月26日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日より組手を上級クラス、中級クラス
初級クラスの3クラスに分けました。

上級は遠慮無しに厳しい組手を5セット以上、
中級は普通の組手で3〜5セットくらい。
初級は組手に慣れていない子達でソフトに3セット以内。

クラスを分ける事により、
上級には誇りを持ってもらい、
中級、初級の子達の憧れになるくらいのクラスにしたい。

しっかりとした意識のもと、やっていけばそのようになっていく事だろう。

一般部
今は少し軽めで、色々な事をしている。
この水曜日の稽古は時間は少ないが、
色々な事をやって行きたい。

サバキとか、ステップとかを。

No(199)


■…2006年 4月27日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

先週はいきなりの大人数で、てんやわんやだったが、
今日は落ち着いて練習ができた。

それにしてもカラダの使い方は、嫌というほどできてない。
これから一から教えていくのは大変だなーと、
小学校で体育があるのだから、
もう少ししっかりとやってくれよ、という感じである。

ほんとに体育で何をやっているんだろう。
跳ぶという動作を、高学年でもできないんだから、
ほんとに学校は何を教えているんだろうか。

自分が学校体育を教える事ができるのなら、
このようなことはないだろう。
ほんとに基本的な事は学校でやって欲しいものだ。

由良健康体操
今日も予想以上の新規参加者の人が参加。
もうこちらもてんやわんや。
データは打ち込まなければいけない、
説明はしなければいけない、
なぜこんなに参加者が増えるんだろうか。

今日はスクワットが最初の時より、
2倍できるようになった。
平均年齢70歳以上なのに、
すごい進歩だ、すばらしい。

No(200)


■…2006年 4月28日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部(4月度順位戦)

今日は順位戦。今日は怪我人が多くなってしまった。

でもこれくらい痛い組手をしてもらわなければ、
受けに対する甘い考えが変わらないので、
少し怪我人が出るだろうが、
ここから少しの間は我慢しなければいけない。

鼻血をかなりだしていた子も、他の生徒達も
鼻血くらいは当たり前のような態度で、
後の稽古を一生懸命にやっていたので、
たくましくなったなー、と非常に気持ちが良かった。

一般部
ウエイト制まで後一月しか、稽古できない。
ここからの一月はがんがんに追い込むが、
どこまでやれるのだろうか、ウエイト制は。

No(201)


■…2006年 4月29日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

入門1〜2ヶ月の年中、年小さん達
1時間の稽古がしっかりできるようになった。

その日、その日の気分で出来たり出来なかったりが
これからも続くだろうが、
まずは一時間しっかりできるようになったので、一安心。

先輩達がしっかりしているから、
その良い見本を見ているから、
これだけの短期間にしっかりと出来たのだろう。

来年の今頃はどれだけ素晴らしい道場になっていることだろう、
今の段階でこれだけしっかりしてくれるのであれば。

一般部
基本、移動をしっかりと指導するようにしている。
でもあまり説明が長すぎるとだれるみたいなので、
できるだけ短くしたいのだが、
今の現状ではそれは無理。

一度基本などおぼえれば、永久にやる事だから、
今はだるいだろうが、しっかりと指導しときたい。

No(202)