■…2006年 9月 1日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

組手はだいぶみんなで声を掛け合いだした。

でも受け返しとか
ミットの時は全然それがない。

もっと色々ああでもない、こうでもない
と色々言い合ってもらいたいのだが、
組手以外では中々そうはいかない。

まったくできなかった頃からすれば
これでも声が出だしたとこだ。

今後これを意識させていき、
いろいろについて考えるという癖をつけていきたい。

一般部

一月マンツーをやった効果が出てきた。
全関西前の一番大事なときをマンツーにさいたのが、
先を考えれば非常にいい方向に転んでくれた。

全関西でもいい試合をしていたので、
全日本ではかなり期待できる。

今の突きの威力で力を落とさないで
流れを蹴りまで続けるようになれば
壮年部ならかなりいけるだろうとみている。

No(310)


■…2006年 9月 2日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

土曜日のカラーもようやく決まってきた。
土曜日の稽古はみんなのびのびとやっている。

こちらもそのように意識的にやっているので、
土曜日は一生懸命楽しくやってもらいたい。

それにしても組手は初級、中級に関しては
たいへん良くなって来た。

特に中級クラスの伸びが著しい。
でも少し差のついてきた子達にはきつそうだ。
嫌にならないで欲しいのだが、
このきつさが続けばどうなることやら。

一般部

リズムと入り時の返しについてやった。

楽しいを連発していたが、
組手でもこれを使って
その楽しさを存分に味わって欲しい。

No(311)


■…2006年 9月 3日 (日).......関西地区強化選手稽古
関西地区強化選手稽古
(堺市大浜体育館)

東條君と2人で関西地区強化稽古に行きました。

今回の稽古は以前のものとは違い
これぞ強化稽古といえる
素晴らしい稽古内容でした。

関西地区の有力選手は
昨年以上と感じられましたので
今年の全日本は非常に楽しみです。

感じた事などはブログに書いていきます。


No(312)


■…2006年 9月 4日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

今日は少し日曜の予行練習をした。

イベントの手配も大事だけど、
本当に大事なのが選手会をどう指導するか。

せっかく島外から遠路遥々来てくれるのだから、
どのような技術を指導すれば良いのか
悩みどころだ。

一週間じっくりと考えたい。

No(313)


■…2006年 9月 5日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

大仏杯から全関西まで選手会の稽古を相当量セーブしていた。

10月の全日本で最大限にパフォーマンスを出せるように
とにかくここまで稽古を抑えるだけ抑えた。

怪我をさせない事と、モチベーションが全日本で最高になるように
意識的にすべてにおいて抑えた。

その抑えていた稽古を意識的に今日から明確に
ぐん、とあげた。

今日を入れて全日本まで5回しかないので
この稽古を全部やれるようになるところまでいかないだろうが、
とにかくメイチまであげていきたい。

案の定、ミットでほとんど全員が脱落。
予定していた稽古の半分もできなかった。

今までやったこともないような稽古が半分以上だったから
集中するところまでいかなかっただろうけど、
頑張って最後までこなせるレベルまでは
できるようになってもらいたい。

今回は全関西までうまく持ってこれた。
ここからが仕上げに入るので、
全関西よりは一段レベルを上げて
全日本に望めるようになる事だろう。

No(314)


■…2006年 9月 6日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部(9月度順位戦)

今日は雨が凄かったので、
稽古参加者が少なかった。

順位戦も見ていて面白くなってきた。

色々教えてない事などやれるようになっているのを見て
ああー色々考えながらやっているんだなー
とうれしく思いながらみていた。

それにしても自分で考えたのか
いい上段を蹴っていたので
相変わらずのその才能に感心する。
この技をよくも自分で考え出したものだ。

そしてやんちゃくれさん、
将来どんだけ強くなるのか、
今はその片鱗も見せてはいないが。

一般部

リズム稽古をやる。
そして同時に突きに圧力をつけるように意識させる。
そろそろ突きも難しい事を教えても大丈夫なくらい
上達してきた。

No(315)


■…2006年 9月 7日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

休みも終わり今日はほとんどフルメンバーが揃った。

子供達もだいぶ仲が良くなった。
最近は本当に素直に良く笑うようになった。
そして素直に意見を言えるようになった。

何か引っかかっていたものが最近はなくなった。

仲良しになるのにもじっくりとした時間が必要なんだと
最近は思う。

由良健康体操

膝とか腰の痛みはだいぶ改善されたので
今後は明確に体重と体脂肪に焦点を当てて
何とかしていきたい。

週一で中々にこの問題は難しい。

No(316)


■…2006年 9月 8日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

今日は久しぶりの暑さで何人かダウン。
特に突き方と突きの数が少ないので、
そろそろ本腰を入れて
突きを教えていきたい。

今までは流れを教える段階だったので、
それを重視してやってきたし
もう少しは流れの稽古をやらなければいけないのだが、

もうそろそろ突きの勝負で負けるのも
正直我慢の限界が来ているので、
突きで勝つ組手もそろそろ教えていきたい。

そして接近戦もそろそろ教えようかと思うが、
不器用な生徒が多いから、
今の段階で接近戦をやると
正直頭の中が整理できなくなるのではないだろうかと
心配する。

まあ流れの稽古の中で突きも
しっかり突きこんでいけるように持っていきたい。

一般部

突き方はしっかりしてきたので、
今はリズムの練習を。

どうもリズムが悪いから
連打になると威力が落ちる。

特に突きの流れからのフィニィシュの蹴りの
アクセントが悪い。

これもやり込んでいくと感じてくるだろうが、
リズムは感じるもの、
意識で引っ張るが気持ちとノリが大事。

リズムにのるというのは恥ずかしいみたいだが、
頑張ってノレルようになってもらいたい。

自分のトップスピードにのる感覚は
非常に楽しいものだから。

No(317)


■…2006年 9月 9日 (土).......洲本市民陸上大会 三原少年部 一般部
洲本市民陸上大会

基礎トレの子達が出場する洲本市民陸上大会でした。
小学5年生女子100Mで優勝。
他の競技でも好成績をおさめていました。

見ていて感じた事は、後半が悪いというところでした。
スタミナがないというか、
前半は結構トップくらいできてても
後半伸びないレースが多かった。

原因は色々あるが
まだまだ線が細い。
でもこのまだまだの状態で結構な成績とかだから
今後弱いところがなくなってきたら
相当に高記録を出せそうです。

三原少年部

少年部の子が組手で怪我をして、
それに対する自分の対処が悪くて、
怪我をした本人に痛い思いを長時間させてしまい、
申し訳ありませんでした。

緊急外来の病院を把握できていなかったのはこちらの
怠慢以外の何者でもありません。
大事な子供をあずかる道場としては
本当に大変な過失です。
今後はこのような事がないように細心に細心を重ねて参りますので、
今回の件は本当に申し訳ありませんでした。

そして自分の不手際で道場のみんなと
その保護者の方々に迷惑をかけてしまい、
申し訳ありませんでした。

今回の教訓を糧に、
今後よりよき道場にするべく努力していきますので
これからもご指導ご鞭撻よろしくお願いします。

一般部
参加者がいなかったので稽古なし。

No(318)


■…2006年 9月10日 (日).......全日本チャンピオンセミナー淡路交流選手会
全日本チャンピオンセミナー

本日はチャンピオンセミナーでした。

総参加者は43名、見学者は80名弱でした。

自分の挨拶で、セミナーを開始。
住谷先生、松岡先生の挨拶。
川坂分支部長の準備運動、安田分支部長の基本稽古。
松岡先生のチャンピオンセミナー。
住谷先生のチャンピオンセミナー。
安田分支部長の中段突きにて稽古の締め。

一時間強の予定でしたが、
両先生の熱意により、
予定より一時間近くも多く指導していただきました。

両先生、そしてセミナーの間、
参加者に細かいアドバイスをしていただいた
兵庫支部の分支部長の皆様、
非常に熱心に指導していただきありがとうございました。
非常に楽しかったと生徒には大好評でした。

参加していただいた島外の参加者の皆様、
淡路まで引率してきてくださった保護者の皆様、
スタッフの皆様、淡路道場のみんな、保護者の皆様
非常に素晴らしい稽古ができましたことを
この場にて挨拶いたします。
本当にありがとうございました。

交流選手会

セミナー終了後15分の休憩。
この時に新川水産様よりいただいた一撃ドリンクを
みんなにていただきました。(4ケースいただきました)

ほとんどの生徒がセミナーから選手会へも参加。
一時間の稽古なので細かい事はやらずに、
シャドー、ミット、受け返し、スパー。

この模様はブログにて書いていきます。

参加くださった皆様、見学にお越しくださった皆様、
スタッフの皆様、皆様のおかげで
非常に素晴らしい稽古ができました事をありがたく思います。
本当にありがとうございました。


No(319)


■…2006年 9月11日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

稽古前に昨日のセミナーに出たおかげで、
やる気になったのでこれから選手会に出たいと
うれしい報告を聞けました。

本当に淡路道場にとってはいいセミナーとなりました。

今日は稽古が続いた事もあり、
稽古を軽くして基本的な事を細かくやった。

幼年部の初心者さん達がまだまだ
稽古より遊びに気がいってしまうので、
しっかり稽古できるようになるまで
まだもう少し時間がかかりそうだ。

No(320)


■…2006年 9月12日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

受けて返す。
言葉の通り受けて返す。

でも全関西でのうちの生徒たちは受けてから返すだった。

受けてから返すだと、受けて構えて返すという動作になる。

構えてという動作にも行って戻してという動作が入る。

だから全関西での試合は非常に後手に見えたことだろう。
ましてや一分の試合じゃどうしても判定で分が悪い。

今の生徒たちのレベルを考えればそれでいいのだし
今後はそこを一段あげてやればいいのだが、
まずは受けてから返すという動作の無駄に気付かなければいけない。

先生、今日やったのはカウンターですか。

いやー、今までと一緒の受け返しだよ。

えーでも全然感覚が違いましたが。

だから今までの受け返しは稽古の最初にも説明したように

受けてから返してだったんだよ。

今日は受け返しをその 受けてから返すを
意識的に受けて返すという動作に変えたんだ。

最初に説明したとおり、
君達の今は受けてから返すなんだ、
次の全日本に間に合うかわからないけど
今やろうとしているのは受けて返すという事。

最終的には受けは攻撃の頭という段階に進めるが
今の受けて返すという段階でも
カウンターと間違えるくらいに受け返しの
君達のとらえかたが幼かったということ。

一段階目がしっかり受けてしっかり返す。君達の現状だ。
次の段階の稽古が受けて返すという、
今日やったような事。
そして最後、その先があるかわからないが
受け返しの理想形
受けは攻撃の頭になるわけだが。

とにかく目の前の事にとらわれないで
一つ一つ進めなければいけない。

まずは全関西までの動きではダメだという事に気付く。

気付けば次には変えればいい。
今はその受け返しの次の段階の事をやりだしたところ。

今日の受け返しは嫌だったろう。

押忍。

今までの受け返しはどうだった。

今日から考えれば嘘みたいです。

意識が変わっただけでこんなに同じ動作が変わる。

今日の受けと攻撃を分けた組手とスパーは
今までとはワンランクあがった動きができていた。

そして組手が楽しかっただろう。

チャンピオンセミナーで教えてもらった
組手は楽しいという感覚をこれからも忘れないで欲しい。

今日の最後の動きは良かった。

No(321)

彼らの母 > 今日の選手会   ..2006/09/13(Wed) 01:21 (322)

■…2006年 9月13日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

先週怪我をした生徒と保護者の方と色々話をしたが、
だいぶ恐怖心がでたみたいで、
これを克服できるかどうか、
色々ケアしていきたいが、
自分でそれを頑張って克服しなければいけないので
どうか負けないで頑張ってほしい。

今日は基本を少し重点でみたが、
どうも少し悪い癖がついてきそうなので、
基本、移動などを今後見直していきたい。

一般部

リズムの稽古も少し効果がでだした。
組手などでもいいリズムで突きがでだしたので、
リズムがしっかりするまで
今の延長で稽古していきたい。


No(323)


■…2006年 9月14日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

坂道3本、タイム以内でというのをやった。
今後は本数をのばしていきたい。

そして坂道くだり。
一番手っ取り早いオーバースピードトレーニングだ。
最後のほうではまだまだ身体がスピードについていけない。
今後少しずつスピードに慣れていくことだろう。

体育館内にてぶつかり練習をやったが、
打撃に慣れてないから
何人かワンワン泣いていた。

これは今の段階でがんがんやったら
大怪我しそうなので
加減がむつかしい。
怪我が怖いから止めるではそこからの向上がないから
怪我させないで少しずつきつくしていくしかない。

由良健康体操

Vバランスが少しだけどできてきた。
最初は少し足を大きく前に出すだけでこけてたのが
今のバランスを考えた時に
本当にあの時の、よろよろしていたのが嘘のようだ。

どこまで強くなるのだろうか。

No(324)


■…2006年 9月15日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

今は意識的に返しというのを意識させている。
そして返されるというのを。

今日の組手は良かった。
組手になっていた。

当分は今の流れで
厳しく返すという事を
厳しく返されるというのをやる。

本当ならこの部分は自分達で気付いて欲しかったのだが、
中々にそうならないから
仕方ないからこの部分だけはやるが、
本当ならもっと生徒達が気付くまで
我慢した方が生徒達のためにはなるのだが、
我慢できない自分は
やはり一流の指導者にはなれないみたいだ。

一般部

徳島から来て少年部、一般部まで出て
本当にその情熱は素晴らしい。

今はリズムを意識させている。
スピードアップも威力のアップも
まずは自分のリズムをつくる事から。

リズムがない動きには芯がない。
芯がないから
その上にいくらスピード威力をあげようと
それは不確かなものになりやすい。

まずはそのリズムをつくる事。
見た感じまだまだ時間はかかりそうだが
全日本にはある程度形をつくっていけるだろう。

No(325)


■…2006年 9月16日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

最近やる気満々だなー、今日も稽古数分前から正座して
早くやろうよー、だって。

今日のメンバーは最初の頃はどちらかというと
暴れまわる方だった。

でも今はどうだ。
子供はどんどん成長するものだ。

だから最初の何も知らない頃は
本当に何も知らないだけなんだろう。

それがいつの間にかやれと言われなくても
自分達からやるようになるんだから
極真空手は素晴らしいものだ。

一般部

少年部2人だったので
リズムの稽古と返しの意識付け。

今日稽古していた彼は
将来相当に強くなるかもしれないと
最近の成長を見て、そう思うことがある。

自分のはじめてみるような自分が考えているような枠を超えた
成長をここまでしているので、
また稽古での楽しみが一つ増えてうれしい。

No(326)


■…2006年 9月18日 (月).......洲本合同稽古
洲本合同稽古

基本の見直しをやっているが、
色帯で基本が大事だとわかる事は
よほどの才能がないと無理だろう。

自分も色帯の頃は基本の大事さなど
今みたいにはわかってなかったから。

ようやくセミナーのページ完成しました。
表紙から行ってみて下さい。

No(327)


■…2006年 9月19日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

色々な面でまだまだ甘い。

そしてこちらが言うまで自分でやろうとしないので
当分はがみがみ言わなければできなさそうだ。

基本的な事は教えてあるのだから
応用は自分達で好き勝手に好きなようにやればいいのだが、
どうもそのように自分達でやるという作業が苦手みたいだ。

受けなどでも受けというのをもっとしっかりやろうという意識がない。

しっかりした形で受けれないから
その後の返しが遅い。
だから試合では受け返しを有効に使えない。

今日は細かい意識とか重心とかをみたが、
受けの時の重心のかけ方が悪いから
その後の一番大事な場面で返せない。

全日本までやれるだけやるが
どこまでよくなるのだろうか。

みんな性格がのんびりしているから
怒られてようやく、あっ、て感じなんで
どこまで本当に良くなる事やら。



No(328)


■…2006年 9月20日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日保護者の皆さんに同じ建物内にギャンブルをやる
施設があるのはどうか、と聞いてみたが
やはり印象が相当に悪くなるみたいで、
どうしたものだろうか。

道場がある同じ建物内に賭博場があるなんて聞いたことがないから
前例がないのでこれは判断がむつかしい。

9月いっぱいで決めなければいけないので
どうしたものだろうか。

組手を見ていて少しずつ生徒の色が出てきたみたいだ。
組手も1分を3回もやれば
息が切れるくらいに動けるようになってきたが、
でもまだまだ組手自体のスピードは上がるだろう。


一般部

上段を教えて下さいとの事だったので
上段を時間いっぱいやる。
少しはいい技のイメージができたみたいで

言わなくてもわかるな、と言うと
わかった顔をしていたので
こんごどのように上段を使っていくのか
楽しみにしている。

No(329)


■…2006年 9月21日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

今日は遠足だったみたいだ。

遠足だと知らなくて体育館に行ったら
3年の女の子から

今日は遠足やのにきたんやでー、基礎トレは大事だから、
えらいやろ、先生。

先週はワーワー泣いていて今週はどうだろうかと心配していたが、
意外とタフみたいだ。

もう一人が
先生、運動会で一番になってん、
そうとううれしかったのか
普段はあまり喋らないのに今日はがんがん喋っていた。

そのうれしかった気持ちを忘れずに
今後も頑張って欲しい。

由良健康体操

一時止まっていた生徒数の増加も
また少しずつ増えそうな感じになってきた。

今の運動量は、初心者には厳しすぎるので、
どのように調節するのか
かなり工夫が必要だろう。

今日よりターボセル導入。
今後の内臓脂肪と体脂肪量がどう変化していくか
楽しみにみていきたい。

それにしても腹から汗ががんがん出るみたいで
どれだけの効果を出してくれるか、
このデータもしっかりとっていきたい。

No(330)


■…2006年 9月22日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

中には面白い組手をやる生徒が出てきた。
今は組手の中でその技は使える段階ではないが
これは将来面白くなるのではないかという
技を使おうとしている。

そのような技などこれっぽっちも教えてないが
どこかで自分で考え出したんだろう。

今後はそのように自分で考え出した技には
積極的にリアクションしたい。

よくぞそれを見つけたと。

一般部

突きは良くなった。
今はその良くなった突きを次にどうつなげていくか、
それの意識付けをしている。

まだまだ技をつなげると
ところどころに綻びがでるが
それを悪いと意識できてきたところに上達が見える。

意識できれば次はそれを直す作業をするだけ。

No(331)


■…2006年 9月23日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日は体調が最悪だった。
稽古のときは気にならなかったけど、
終わった後は結構全身がたがたでした。

集中とは凄いものです。

一般部

マンツー。
少しずつ突きのリズムが良くなってきて
組手でも勢いが出てきている。

でも欲を言えばいい時と悪い時の差が大きすぎる。
ここらは話していてももう少し時間がかかりそうだ。

No(332)


■…2006年 9月26日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

今日は宝塚道場から姉妹2人が参加してくれました。
お姉さんは中学一年生空手歴一年で
全関西一般女子軽量級で準優勝しています。

それも準決勝では全日本の入賞選手に勝ってのものですから
キャリア一年でたいしたものだと思います。

今日は参加者が少なくて組手など少ししかできなくて
申し訳なかったです。

内の生徒達はかなり上段をもらっていたので
こちらもいい稽古になりました。

妹さんも負けん気が強そうで
2人とも今後かなり強くなるでしょう。

今日は遠路遥々淡路まで稽古に来てくれて
ありがとう。

また淡路にいつでも来てください。

No(333)


■…2006年 9月27日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

少し3歳、4歳軍団もしっかりしてきたかな。
でもいい時もあればダメなときもあるので、
まだ安心とはいかないだろう。

一年生軍団が少し目を離していたら
遊ぼうとしているので
まずは今の一年生軍団をしっかりさせなければいけないだろう。


一般部

上段をやっていて上段の進歩よりも
考え方が進歩したので
マンツーでやっている効果が少しはでたかな。

考えるという考え方が少しできたので
おっ、進歩したという感じでうれしい。

No(334)


■…2006年 9月28日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

高学年女子のカラダがしっかりしてきた。
最初の頃は、つまようじみたいにのっぺりしていたが、
ようやくカラダがカラダらしくなった。

女子だけでなく体力がついたのか
みんなもうじっとしていない。

ダッシュとかラダー後の休憩でも
ボールを投げたり、シュートしたり
とにかくよく動けるようになった。

これからは少し体力がついたので
今までよりきつい事もできそうなので、
こんごは今まで以上に体力が向上していくだろう。

基礎トレ

小学生よりもこちらの向上のほうが凄い。
スクワットを100回やったが、
フルで100回やっても笑いながら
しんどい、しんどいと余裕を見せていたので

どうなっているのやら60代、70代。
そしてどこまで体力が向上するのだろうか、
しっかりとオーバーにならないように見とかなければ。

元気だけど平均年齢は70代だから。

No(335)


■…2006年 9月29日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部(9月度順位戦)

今日は順位戦。
目立ったのはしっかり立てないという事。
じたばたじたばた、どたばたどたばた
こんなのは組手じゃない。

まずは相手の前にしっかり立つという事を
これからはやっていきたい。


一般部

ようやくいい形ができてきたが、
どうやら全日本までに武器と呼べる段階までには
到達しそうにはない。

今日は使い方のイメージをやったのだが、
ここまで丁寧にやらなければできないのだろうか?
頭はなんの為についているんだろうか。

今日やったことなどは自分で気付かなければいけないのだが、
どうも永久に気付かなさそうだから、
仕方ないかなー
って感じで教えてしまう。

教えられる事を恥じるくらいであって欲しいのだが、
中々にそれは難しいか。

今日やった事は選手会でもやらなければいけないだろう。
少年部はまだまだこれを教えるような段階ではないから
まずは選手会だけ。

No(336)


■…2006年 9月30日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

グラウベ勝ったね。

今日は新しい事を少しやったが、
何かをつかもうとかいうレベルではないので
あー、変わってておもしろい、
程度だろう。

もうそろそろ少し高度な稽古もやりたいのだが、
まだまだ時期尚早。
もっと貪欲になってほしいものだ。

一般部

そろそろ一緒のような稽古を卒業させたいが
どうしたらよいものだろうか。
もう一段上にあげたいのだが
まだまだ気持ちがそこを向いていない。
どうしたらいいものだろうか。

No(337)