■…2006年11月 1日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部(11月度順位戦)

今日は順位戦でした。
最近三原道場は怪我が多いので怪我をさせないように
細心の注意を払って試合を行い、無事終了してなにより。

このような怪我が続くと、続けば続くものなので
ここら辺で怪我の連鎖をとめておきたかった。

組手はいい試合が多かった。

最近急成長を見せていた子達が
予想以上に強くなっていたので、
うれしい限りだ。

ようやく試合に出ている最前線メンバーに続く子達が
伸びてきたので、非常に心強い。
この伸びてきた子達がもっと先輩達を脅かせるようになれば
本当にいい道場になるだろう。

厳しい組手にも前向きに向かっていけるようになったので、
最初の泣き虫だったみんなが
良くぞここまで成長したものだと
子供達の成長の軌跡を思い出せば、
本当に前向きに強くなったんだと感慨深い。

この今伸びているメンバーの次も
組手が少しらしくなってきたので、
この今組手をようやくに出来るようになった子達が
バンバン組手をやるように成長すれば
すごい道場になっていることだろう。

未来はかなり明るい。

一般部

黒帯、茶帯とこのメンバーが揃ってくれると
非常に心強い。

このメンバーが今後の中心になってくれれば
一般部も増えていく事だろう。

そこまで今日のメンバーには頑張ってもらいたい。

No(362)


■…2006年11月 2日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

今日はこのメンバーでは初めての長距離を走った。
昔は5年、6年生ばかりだったので
車の心配とかなかったが、
今は一年生がいるので山道で車が少ないとはいえ
注意に注意をかさねてもやりすぎということは無い。

今日は山道半周だったが、
完走できたのが5,6人くらいだった。

休んだり歩いたり最初は足なんかも慣れてないから
少しずつゆっくりと距離をのばしていきたい。

春頃には山道一周できるようなところまで
体力がつくのではないだろうか。

一番の記録が13分台だった。

由良健康体操

風邪が多いみたいだ。
練習の後に汗をしっかり拭いてくださいというのを
ひつこいくらいに言ったが、
今後も練習の後の汗拭きなどの体調管理面での注意点を
しっかりやってもらうように言っていきたい。

あしは本当に強くなったが、
腹がまだまだ全然だめだ。
今後の強化ポイントは腹と背中。

今日は腹筋と背筋のメニューを強化。

今日できなかったメニューができるようになるまで
腹筋、背筋を強化していきたい。

No(363)


■…2006年11月 3日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

今日は休みだったからか、参加者が多かった。
これくらいにぎやかだと活気があって非常にいいものだ。

金曜はあまり色々言わないようにしているのだけど、
どうしても言わなければいい方向に行こうとしない。

だれか気づくかと見ていても、どんどんダメなほうに合わせる。
どうしていい方に合わせないで、悪い方に合わせるのだろうか?

今日でなんど同じ事を言っただろうか、
いつ自分達から、やろうという意識を出してくれるのだろうか。

遠慮しているのだろうか?

幼年部の弟連中の方が、
あれやれ、これやれ、それだめ
とか言い合っているので、
先輩達頑張ってください。

一般部

今日は少年部にも出稽古に来てくれていたが、
こちらにも2人が出稽古参加してくれました。
これくらいの人数がいつも参加してくれれば
いつもいい稽古ができるのになー、と
うらやましく稽古を見ていた。

黒帯がいると稽古が盛り上がるので、
稽古していてうれしくなるものだ。

組手に関しては最近やっている展開のスピードをあげているが、
受け返しとか限定の時はできるのだが、
自由組手になると、超・超・超・スピードが落ちる。

今までなぜスピードに余裕があるのにスピードをあげないのか、
まだまだ回転のマックスはあがるのに、
なんでスピードを上げようとしないのか疑問だったが、

この稽古をしだしてから、その、なぜ、の理由が
ようやくにわかった。

とにかく速い展開の組手をやろうとしていない。
そのイメージがつかめてないので
できないんじゃなくやろうとしていなかっただけ。

組手の展開が速くなるまで強制でやらせなければ無理そうだ。
そして組手の中でそのマックスをどう出すかということまで
誰かがその速いイメージをつかむまでは強制でいきたい。

だれがそれに一番できづくだろうか、
一人やりだせばみんなもやりだすだろう。

No(364)


■…2006年11月 6日 (月).......秋季昇級審査会
昇級審査会(洲本市文化体育館)

審査時間19:00〜20:50

今日は昇級審査会でした。
参加者は12名、体験審査者は3名でした。

普段から参加者の事は見ているから、
ある程度のイメージは頭の中にある。
そのイメージをいい意味で壊してくれるかと
期待しながらの審査でした。

今回の審査はいい意味、悪い意味で
判定が難しい。

今日だけでは少し微妙なラインの生徒は判断つけにくいので
これから一週間の稽古をみせてもらい、
それで決めたい。




No(365)


■…2006年11月 7日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

最近みんな手首が痛くなってきたようだ。
突きに体重が乗せれるようになった証拠だ。

今やっている速い展開のスパーも少し慣れてきて
今日は少し複雑にしたが、いい感じでやれていた。

今回、徳島、神戸で今やっている事の
イメージがある程度つかめるだろう。

そして春にはいいスタイルになることだろう。

今回、大会でどこまでこれを出せるか、
大会が待ち遠しい事だ。

No(366)


■…2006年11月 8日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

徳島大会が近づいてきたので、
組手中心に稽古を進める。

徳島は初心者クラスの子達が中心なので
どのような試合をやるのか楽しみにしている。

初心者の子達も遊びがなくなってきたし、
年長さん、一年生軍団も今日は集中できていた。

誰かが入ってくれば必ずそちらを見ていた何人かが
今日は稽古に集中して、よそ見をしなかったので
だいぶ成長した。いたって順調という感じ。

一般部

子供達は元気だ。
少年部をやれば十分なのにこちらまで頑張っている。
出るだけでもたいしたもんだが、
できれば気持ちを切りかえてやれば
もっといいのだが、
でも大人のミットを一生懸命見ていたから
少しずついい方向に向いていく事だろう。

No(367)


■…2006年11月 9日 (木).......由良基礎トレ
由良基礎トレ

ようやくドライブ感が出てきた。
中にはいいドライブを見せている子もいる。

最初はどっこいしょ、とよろよろしていたが、
クイック、アジャリティがしっかりしてきて
みていて、おおー、
と思うようないい動きができるようになった。

カラダも均整が取れてきて
手足がすらっとゆったり伸びてきているので、
最近は動きの悪さという観点では
全然気にならなくなってきた。

跳び箱を飛び越えようとして、
足が引っかかって、
どてっとこけていたが、
泣くかすねるかと見ていたら
笑っていたので
精神的にも強くなった。

でもまだまだ問題点はあるので、
目標とするところまでは
まだまだ気が抜けないだろう。

No(368)

淡路道場 > 健康体操は葬式で休みでした。   ..2006/11/09(Thu) 20:56 (369)

■…2006年11月10日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

茶帯が頑張っていたので、
これからもどんどん今日のように引っ張ってほしい。

幼年部の子達もしっかりとしてきたし、
稽古が自分なしでも動けるようになってきたので、
これから少しずつ生徒に稽古の主導権を渡していきたい。

責任を生徒の中に置く、
高度な課題だけど、そこまで持っていきたい。

自分達で考えて、自分達でルールをつくっていく。
そしてそのルールをみんなで良くしていく。
そしてそのルールを守っていく。

決めるのも、実行するのも生徒達。
その自立心を育てて行ってほしい、自分達で。

一般部

いい出来になってきた。
昨年の今の時期とは、もう雲泥の差だ。

徳島、神戸は相当面白い組手をやってくれるだろう。

マックスがどれくらい強いのか、
本番で相手を叩かなければわからないから、
はやく本番でどれくらいの威力があるのか
見てみたい。

No(370)


■…2006年11月11日 (土).......三原少年部 一般部
三原少年部

今日は組手で少し進歩が見られた人がちらほら。
どこがどうなってやる気を出すかは
人それぞれで、本当に不思議なものだ。

こんなやり方でやる気がでるんだ

というような事の方が指導していて多い。

こちらの思惑通りというのなんか
これっぽっちもない。

これの方法則をさがすのが指導論を確立する
一つの目的でもあるのだが、
指導は奥が深い、
どこまで到達する事ができるだろうか。

今日の稽古は良かった。

一般部

細かい技術をやりたいのだが、
考えながらカラダを動かすという作業が
まだまだ苦手みたいで、
上達する為には、まずは
動きながら考える癖をつける。
考えた動きをそのままカラダで表現しようとする癖
をつけさせるところからみたいだ。


No(371)


■…2006年11月13日 (月).......洲本全員稽古
洲本少年部

今日のメンバーが揃ってくれるのなら
稽古を変えていけそうだ。

一人だとクラス分けできないので
どうしても大雑把な稽古になってしまう。

もう少し時間がかかるだろうけど、
移動稽古の時に
2クラスに分けれるようになれば
もっといい稽古ができる。

今までは人材不足だったが
ようやくに人材が育ってきたので
道場としても
新しいステージに移行していきたい。

No(372)


■…2006年11月14日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

流れもできてきて、その中でいかに強い打撃をうつか、
今はそれをやっているが、
流れの中で強いのを打つのは
中々にむつかしいみたいだ。
簡単な事ではないので、ゆっくりみていきたい。

突きもようやくに一般部以外でも
しっかり体重を乗せれるようになってきた。
組手ではまだ体重を乗せた攻撃はできないが、
ミットではいい突きになってきた。
体重の乗せ方は、少しでもわかりだすと
そこからは進歩が相当に早くなるから、
ここまでできたら、もう少しという所だろう。

初めてステップをやったが、
これを使うというよりは
一通りやっておいて
ステップを使う相手にどう対処すればいいかを
考える参考にできればと稽古に取り入れた。

でもステップはみんな好きだな
うれしそうに稽古している。

ステップ使いで世界チャンプになった選手はいない。
これが持論だから、
選手会でステップをやるような事はない。
選手がステップを使うかどうかは別問題だが。

No(373)


■…2006年11月15日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

三原の徳島県大会までの稽古は今日で終了。

徳島県大会は初心者の子達が出るので、
楽しみもあるが、不安の方が大きい。

試合は諸刃の刃で、
ますます空手が好きになるかもしれないし
空手をやめてしまうかもしれないくらい
空手を嫌になるケースもある。

神戸に出るメンバーはまったく心配が無い
心強い生徒達だが、
徳島に出る生徒達は、
どう出るかはまだまだまったくわからない。

できうるならばいい方向に気持ちが向いてくれればいいが
こればかりは本番が来なければ
試合を経験したあとでなければわからないから、
できればいい方に出てくれと祈るしかない。

三原の徳島組みは調子はよさそうなので
後は本番次第。

一般部

徳島にはお母さんが初めて試合に挑戦する。
女性が少ない中、女性の芯となって頑張ってくれているので
淡路道場にとっては本当にありがたい存在です。

試合は初めてで、普段一般女性と組手をやる事がないので
試合ではどれくらいやれるのかはわかりませんが、
どれくらい頑張ってくれるのか
非常に楽しみにしています。

打撃は強いというより痛いので、
将来面白い組手になると期待していますが、
今回は気楽にやって欲しいです。
無理しないで、頑張ってください。

そして今回のメインイベンターH君、
昨年は岡君がメインで負傷試合中止という
屈辱だったので、彼にはリベンジと思っていますが
とにかく気持ちが実力についてきてないので
その重役を担えるかどうか、
実力を出せばリベンジとも期待していますが、
今回で一皮剥ける機会になればと思っていますが、
これも本番次第、実力はメインをはれるので
後は気持ち。


No(374)


■…2006年11月16日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

フォームが良くならない、というか
良くなろうとしていない。

簡単な事なのだが、直そうとしていないので
簡単な事がいつまでたってもできてこない。

そこまで強制しなくてもいいのかもしれないが、
悪い走り方は見事にできているのに
なぜいい走り方にはならないのだろうか。

悪いといっても最初から比べれば全然いいのだが、
高い理想という意味ではぜんぜんだ。

今くらいできれば、納得なのか、
もっと上にいくのか、どうなんだろう。

健康体操

膝に関しては本当に効果が大だ。
一度結果を文章化したいが、
凄い事になるかもしれない。

お医者さんに見放された膝が
現実、痛くなくなっているのだから。

それも一人2人ではないから。

No(375)


■…2006年11月23日 (木).......由良基礎トレ 由良健康体操
由良基礎トレ

祭日は参加者が少ない。
楽しいもいいのだが、
こつこつやる部分をどうやらせるか。

これからはこれをどうしていくかだろう。

楽しいだけで奥にすすめるのならそれでいいのだが、
そんなに甘くはないから現場はむつかしい。

由良健康体操

今日から山野オリジナルを開始。
たぶんこの部分のこのやり方は
自分が知る限り自分しかやった事がないだろう。

少し違うやり方は無数にあるだろうが、
この部分に関してこのやり方は
山野オリジナルといっていいだろう。

とにかく腰痛とヒップアップに
劇的な効果を発揮していく事だろう。

No(376)


■…2006年11月24日 (金).......洲本少年部 一般部
洲本少年部

今日は島外からたくさんの子達が
出稽古に参加してくれました。

みんな負けん気満々って感じで頼もしそうでした。
技術面ではまだまだやらなければいけないところが
いっぱいというところですが、組手は強い。

これで技術が上がればまだまだ強くなりそうなので、
技術面をこれからは磨いてほしいと思います。

後、感心したのはミットとかの待ち時間に
しっかり何かをやろうとしていた事。
あの姿勢は淡路道場の子供達も見習ってほしい。

このように出稽古に来てくれると
色々いい発見があるので、ありがたい事です。

稽古という面では物足りなかったでしょうが
今後も淡路に稽古に来てください。
お待ちしています。

一般部

こちらにも一人出稽古に。

それにしても吸収が早い。
その吸収の早さには正直驚きです。
一年でここまで上達したのもうなずける。

今回のうちの課題はしっかり突く蹴る。
今までは体重を乗せてしっかりと突く事を
試合ではしなかったが、今回は解禁。

どこまでの打撃力があるのか、
本番が早く来てほしい。

No(377)


■…2006年11月26日 (日).......06年徳島県大会
   ■■■06年徳島県大会■■■
田園パークアリーナ健康の館アリーナ
10時半開始、16時半終了
淡路道場参加選手20名 (病欠1名)

優勝
赤松直樹(小学4年初級)
萩原亮 (小学5年初級)

準優勝
矢野雄太(小学5年初級)
新川直矢(中学軽量級)
谷池精華(女子軽量級)

3位入賞
後藤悠亮(小学3年初級)

ベスト4 1名 
ベスト8 5名

試合経験が少ない、或いは初めての試合というメンバー中心だったので
この成績は非常に良かったと思います。
でも頑張らなければいけないメンバーが頑張れなかったので、
手放しでは喜べない大会となり、
上級者のこれからの頑張りを期待したい。
上がつまれば下が伸びないのでこれからの自覚を。

それにしても試合経験の少ない子達の頑張りは素晴らしかった。
しんどいけどあきらめないで頑張っていた子がたくさんいたので
本当に良かった。
これを自信に今後の稽古に励んで欲しいです。


No(378)


■…2006年11月27日 (月).......洲本全員稽古
洲本全員稽古

昨日の試合で今日は声がほとんど出ませんでした。
申し訳ないです。

基本は少年部たちには面白くないであろうが、
これからは総本部で教えていた時みたいに
しっかりとやっていきたい。

移動も型も基本が決まらなければ決まらないから
とにかく基本をしっかりとしていきたい。

基本を重点にやっていくと
細かくうだうだ言わなくてはならないので嫌だろうが
とにかく士気、意識が低下してもやりきりたい。

No(379)


■…2006年11月28日 (火).......洲本選手会
洲本選手会

今日で06年度の選手会も無事終了。
メンバーのキャリアも最長で4年位。

これからがようやく本番というところだろうか。

今はまだまだ試合で受け返しをやろうとしている
程度のレベルでしかないが、
来年は少しは使いこなせるようになるだろうか。

それにはまだまだ普段の稽古量が足りない。
誰かびっくりするくらい稽古してくれる生徒が
そろそろ出て欲しい。

少年部のある全日本チャンピオンの
子供の練習量を聞いているが、
うちの子供たちでその半分も練習はしていない。

一日3時間くらいを週6日やっているのだから
時間ではないが、
そろそろうちの生徒でもそのような稽古を
がんがんやるような生徒が出て欲しい。

No(380)


■…2006年11月29日 (水).......三原少年部 一般部
三原少年部

試合は偉大だ。
たった一回の試合でこうも変わるかというくらい変わった。
これは稽古では得られない試合の効果だ。
一年の変わらぬ稽古より、たった一度の試合だと思っている。

実戦に優る稽古はない
と師がよく言っていたが
本当にその通りだと思う。

今の試合は負けても命はあるのだから
それを有効に利用すればいいのであって
絶対に負けれないというようなものは
もっと先でいい。

空手の試合は気楽に出れるほど甘くは無いが
できるだけこのように素晴らしい勉強の場には
積極的に参加してもらいたいものだ。

一般部

試合も一段落。
正確な突き、正確な蹴り。
これを少しの間、やっていきたい。



No(381)


■…2006年11月30日 (木).......由良基礎トレ
由良基礎トレ

最近下品な言葉使いが耳につく。
少しくらいならとか、たまになら気にしなくてもいいが
どうも確信犯みたいだ。

どのように下品は下品とわからせるか。
そして下品がなぜ悪いのか、
それにしてもなぜ下品な事をわざとやるのだろうか、
理解に苦しむ。

健康体操は葬儀で休みでした。

No(382)