淡路道場2007年2月のニュース


12

(月)
  ★★★  第1回播州カップ  ★★★
2007年2月12日(月)兵庫県立武道館(姫路市)
開会式10時 総参加者 416名 
淡路道場参加者 14名(病気欠場1名)

優勝    野上一誠君

準優勝  川西亨弥君

4位    森南都君

ベスト8  平野太一君 矢野雄太君 
       森本龍之介君 原口敦君
 第1回播州カップが姫路市にて開催されました。
今回の大会、淡路道場勢は非常に素晴らしい戦いをしていました。結果もさることながら、闘志溢れる戦い方で、内容も非常に素晴らしかった。負けた試合でも最後まで諦めずに喰らいついていたので、本当によかったです。
 これまで淡路の生徒は勝つだけの実力を持ちながら、精神的な面で負ける事が多かったが、ようやくそれから脱却できそうな予感が感じとれました。今回の成績、経験を自信に今後の稽古に望んでくれれば、今後は実力に見合う成績を順調にあげていくことだと思います。
 淡路に足りないのは自信だけ。技術的バックボーンは十分にあるから、今後生徒達自身でその事に気付いてもらいたいです。




(日)
☆ 第17回琵琶湖杯ウエイト制滋賀県空手道選手権大会

 滋賀県にて琵琶湖杯が行なわれました。総参加者は500名くらいだったと思いますが、パンフが売ってなかったので詳しくはわかりません。淡路道場からは幼年部、少年部、一般に11名が参加しました。試合時間の関係でアップができない状態でしたので、試合としてはかなりハードな大会でした。
大会に参加していたメンバーをみて、国際大会の優勝候補が各クラスに数名出ていたので、国際大会の前哨戦という感じでした。その高いレベルの大会で淡路道場勢はいい内容の試合をしていました。負けた試合でもこちらに旗が上がるくらいの内容だったので、もうこのクラスでも十分以上に戦えるレベルに淡路道場の生徒は成長したといえるいい大会になったと思います。
この高いレベルで森本亮君が3位入賞。野上君はベスト4入りをかけた試合で、その前の試合での金的への反則攻撃によるダメージがひどくて、無念のドクターストップ。
今回の大会は非常に素晴らしい戦いができていましたので、これを自信に今後の稽古に繋げていって欲しいと思います。みんな強くなりました。