淡路道場2006年8月のニュース


27

(日)

(全日本チャンピオンと記念撮影)
               ☆ 2006全関西空手道選手権大会 ☆

大阪舞洲アリーナにて全関西空手道選手権大会が行われました。淡路道場からは30名近くが参加しました。全参加者はパンフがないので詳しくはわかりませんが、型、組手部門で750名前後だったと思います。新川直矢君が中学生中量級で3位入賞、あと鴻原聖弥君と萩原亮君がベスト8進出。ベスト16に4名という結果でした。白帯の子達もこのレベルの高い大会で、果敢に試合に挑んでいたみたいで、今後の活躍の予感がした良い大会でした。この結果を持ち、淡路道場から10月の全日本への出場切符は8枚となりました。全員参加するのかは未定ですが、できれば全員全日本に挑戦して欲しいと思っています。それにしても今回の大会の参加選手、応援者のマナーは素晴らしかったです。今後もこのような素晴らしいマナーの大会を継続していかなければいけないとスタッフとして思いました。




(日)
                        ☆ 第1回神戸選手会 ☆
 
神戸道場にて選手会を行いました。参加者は松岡選手、日置選手、池本選手、原口君、東條君、そして自分の計6名にて、第一回目を行いました。内容は淡路選手会のメニューを基本にやりましたが、途中で淡路道場の2人が脱落。そこからは内容を少し変更して稽古続行。それにしても稽古に対する意識の高さは素晴らしかった。これなら子供達も連れてきて見せればよかったのにと、かなりもったいなかった。来年の世界大会ではテセイラを倒すべく、今後の稽古につなげて行きたいと思っているので、ご期待ください。次回は淡路で行いますが、淡路の次からの稽古はトップの方達に合わせるので、淡路選手会の比ではない稽古になるでしょうから、淡路の生徒はそれに耐えるだけの体力をつけておくように。今のままでは稽古の足しにもなってないので、必死で頑張れ淡路道場生。
 




(水)
10

(木)
          ☆ 第2小、由良小両小学校の基礎トレに新しいトレーニング道具を導入

  第2小学校と由良小学校の基礎トレーニングに上半身を鍛える新しい道具を導入。これまで上半身の弱さとそれを補うトレーニング方法に苦心してきたが、この道具の導入により、今後上半身の筋力、機能に対する能力の飛躍的向上が望める。子供達にも非常に好評で指導する側にとっていい物を導入できたと喜んでいます。今後も購入したい道具がたくさんありますので、費用と相談しながら随時導入していきますので、ご期待ください。